スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縄文の家殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿

縄文の家殺人事件 ~歴史探偵・月村弘平の事件簿~ (だいわ文庫)

だいわ文庫「縄文の家殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿」(風野真知雄氏著)のカバーイラストを描きました。

東京と青森で見つかった二つの遺体。密室、13年前の死、古代史の謎。八丁堀同心の血を引くイケメン歴史研究家が難事件に挑む! 


大和書房のサイトより引用しました。

主人公の歴史研究家の月村さんは縄文時代の専門ではないのですが、事件の内容が縄文がらみなので縄文土器を配した研究室っぽい部屋にいる月村さんと、月村さんの彼女で刑事である夕湖さん(と猫のチェット)を描いてみました。
ちなみに、月村さんと夕湖さんを描くにあたっては、実は編集さんからイメージモデルとなる俳優さんを提示されていたのですが、なんとなく内緒にしておきます。
ちょっとは似ているかな……??

内容がミステリーなのであまり詳しいことはここに書けませんが、思わぬトリックが仕掛けられていて……これはちょっと予想しづらいのでは……?

事件の本筋とは別なところになりますが、なんだか月村さんの周りにもうひとり、元アイドルのツアーガイドの女性というのがなんだか思わせぶりに絡んできていて……大変気になるところです。
彼女のわりと積極的なアプローチに対して月村さんもソフトでつかずはなれずの対応というか、夕湖さんという彼女がいるわりには毅然とはとてもいえない余地を残した対応(に私には見える)で、今後三角関係?に発展しそうな匂いがぷんぷんいたします。
夕湖さん、ピンチ……!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。