スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダチョウは軽車両に該当します

ダチョウは軽車両に該当します (文春文庫)

文春文庫「ダチョウは軽車両に該当します」(似鳥鶏氏著)のカバーイラストと章カットを描きました。

動物園ミステリ・待望の第2弾!

ダチョウと焼死体がつながる?――楓ヶ丘動物園の飼育員「桃くん」とツンデレ女王の「鴇先生」、怪しい仲間たちが解決に乗り出す。

県民マラソン大会のコースを駆け抜けてくるのは「ダチョウだって?」――そして発見された焼死体。捕獲したダチョウと被害者とをつなぐものとは? キリン飼育員・桃くんにツンデレ女王・鴇先生、変態(?!)・服部くん、アイドル飼育員・七森さんら、楓ヶ丘動物園の怪しく愉快な面々が活躍する動物園ミステリー第2弾!


文藝春秋のサイトより引用しました。

カバーイラストには、勇ましいクールビューティーな鴇先生と、主人公桃くん、そして私お気に入りの『変態』服部くんを変態っぽく帯の下に隠れるように(というかそこしか彼の居場所がなくなってしまったんですが)描いてみました。
章カットは今回は章タイトルにちなんで全部鳥類の絵を描いてます。
動物描くの、昔はあまり機会が無く、わりと苦手意識が強かったのですが、徐々に楽しくなってきました。

今回は前回にも増して鴇先生のカッコよさと服部くんの変態っぷりが際立ちます。
そして服部くんの飼犬のディオゲネスの名犬(迷犬?)っぷりもとっても素敵で、わたしごころをわしづかみされました。
今回も起こってしまう事件はかなりシリアスなものなのですが、桃くんや服部くんや七森さんらがかかわってくるとなんとも空気がやわらかに……(笑)
緩急のついた事件の展開に目が離せなくなります。

こちらのシリーズ、人が死なない系の短編ミステリとかも読んでみたいなあ~、ていうかこのシリーズもっともっと読みたいなあ~、ていうか、
きっと服部くんがつけているであろう「桃くんの観察日記」とか
読んでみたいなあ~!と妄想してしまうくらい、この人たちが大好きです。
叶うといいな~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。