スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消防女子!! 女性消防士・高柳蘭の誕生

消防女子!! 女性消防士・高柳蘭の誕生 (宝島社文庫)

宝島社文庫「消防女子!! 女性消防士・高柳蘭の誕生」(佐藤青南氏著)のカバーイラストに、単行本のカバーイラストを引き続き使っていただきました。

第9回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞受賞作家が描く、消防サスペンスの文庫化!新米女性消防士・高柳蘭は横浜市消防局湊消防署に入局し、多忙な日々を過ごしていた。ある日、蘭の使用している空気呼吸器の空気残量が不足していることに気づく。毎日欠かさず点検しているにもかかわらず連続して起こる不可解な出来事に、蘭は同僚の犯行を訝り疑心暗鬼になってしまう。さらには、辞職を迫る脅迫状まで届き……。一方、世間では世界一周クルーズ中の中国豪華客船が横浜港に寄港した。しかし海上で事件が起こり、蘭たちに出動要請がかかる!


宝島社サイトより引用しました。

単行本のときにブログでご紹介してなかったようなので(汗)、ここでご紹介。

舞台が私の地元である横浜で、しかも主人公親子が住んでいるところがとっても近所!
登場してくる舞台のそこここに土地勘があって、読んでいてとってもニンマリしてしまいました。
横浜になじみのある方にはぜひぜひ読んでいただきたいなあ、と思いました。

女性の消防士なんて、現場が現場だけに活躍できるのかなあ、なんて思っていましたが、女性ならではの活躍シーンがしっかりあり、とても感心してしまいました。
そして職場で孤軍奮闘と思われた主人公蘭ですが、少しずつ周りの信頼を得て、また周りで見守ってくれていた人たちの気持ちに気付くことができて、チームとしてまとまってゆく展開がとても心地よかったです。

横浜市の消防車や消防士さんの姿を描くにあたり、ネットなどで資料も集めましたが、近くの消防署に出かけていって、ジイ~ッと観察したりもしていました。
(傍からみたらとっても不審な人物だったと思います……。)
でも消防士の方々のお仕事について、今回いろいろ知ることが出来て、なんとなく消防署が身近になった気もいたしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。