スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S-Fマガジン 2013年 4月号

S-Fマガジン 2013年 04月号 [雑誌]tear.jpg

早川書房「S-Fマガジン 2013年 4月号」巻頭のカラーグラビア、「SF Image Gallery Third Season 第4回」に絵を描きました。

好きなSF・ファンタジーの本を一冊選び、いずれかの場面の挿絵をカラーイラストで描く、とのことで、
うひょ~~!こんな機会二度と無い~~!!
と、本選びに大変悩みました。
ギリギリまで悶々と悩んで、神林長平氏の「完璧な涙」を描かせていただく事にしました。
作中通して登場する砂漠のイメージ、そして感情が無いという若い主人公、難解ながらとても魅力的な世界を自分の手で描いてみたい、と思ったのでした。
案の定、む、難しかったです。

そして、あとで知ったのですが、こちらの作品、漫画化もされてたのですね……!
この世界観を視覚的に表現するの、凄く難しそうだなあと思っていたので、驚きました。
ていうか、誰もまだあまり絵にしていないんじゃなかろうか、という思いもあってこちらの作品を選んでもいたので、思いっきり当てが外れて( ゚Д゚)ウヒョーッてなりました。
落ち着いて考えれば、魅力的な作品は誰もが絵にしたくなるよなあ。

完璧な涙 (ハヤカワ文庫JA)

↑こちらが文庫……あうう、ここにもすでに絵が。(しかも素敵)
私が持っているものはこれとは違うバージョンらしく、幾何学模様みたいな感じの渋いカバーなのだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。