スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忍剣花百姫伝(五)

(P[こ]5-5)忍剣花百姫伝(五)紅の宿命 (ポプラ文庫ピュアフル)kao05_mo.jpg

1月5日にポプラ社さんから発行されました、ピュアフル文庫『忍剣花百姫伝(五) 紅の宿命』(越水利江子氏著)の装画を描きました。
時代活劇ファンタジー、第5巻目です。

花百姫と八忍剣は、数十年前の未来へと時を超えた。
そこで明らかになる霧矢の悲恋のドラマと美女郎の出生の秘密とは。


ポプラ社さんのサイトから引用しました。

今回は霧矢と美女郎の秘密が明らかに!
特に美女郎はともに暮らす(?)敵対する立場であるはずの小太郎や鳴神流山の影響や、自身の秘密を知ったことで、彼自身の心に徐々に変化が見られて、その初々しい感じが(?)なんかとってもいい感じです(私的に)。

今回の花百姫七変化ですが(←と毎回私が勝手に思っている)、なんとマニア垂涎の巫女装束!
これは描かないと!
ということで、カバーは巫女装束の花百姫&霧矢です。
巫女の衣装初めて描きましたよ……。

花百姫、心身共にめっちゃ強くなってます。
そしてなんともけなげ。
花百姫は霧矢に恋していて、少女らしく心を揺れ動かしたりもしているのですが、なんというかそれ以上に人間愛に満ちていて、霧矢に寄り添う気持ちにも「女」の部分よりはむしろ子どものような純粋さを感じます。
それこそ性別も超越してしまっているような……。
なので花百姫を描くときは中性的になるように心がけてます。

花百姫を描けるのもあと2巻!
大切に描いていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。