スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説すばる 2013年1月号

小説すばる 2013年 01月号 [雑誌]世界地図の下書き

集英社「小説すばる 2013年1月号」掲載、朝井リョウ氏の連載小説「世界地図の下書き」第3回にイラスト2点描いてます。

今回は、児童養護施設の事務室に呼ばれる太輔と、運動会で全校生徒で踊る雨乞いの踊りを踊る太輔を描きました。

麻利のクラスでの状況、それを心配する兄の淳也、強がっているが母との関係が思うように行かない美保子、そして高校卒業と共に施設を出て行く予定の佐緒里と、同じ生活班の面々の置かれた状況を見ている太輔でしたが、彼自身のおかれた状況にも大きな変化の兆しがあらわれます。

子どもたちそれぞれが色々な状況に置かれ、色んな思いを胸に抱きながらも日常生活を送っている様が切なくなります。
特に太輔達の生活班で最年少の麻利のけなげさには胸がきゅんとします。

運動会のまるで小宇宙のような情景、あの空気感、とても懐かしいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。