スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOOKS昭和堂さんでフェア開催中

11月より、千葉県津田沼駅前のBOOKS昭和堂さんで、スカイエマの装画本フェアを開催しております。

ウッソ~!マジで?!
この目で見るまで信じられな~い!
(誰)
ということで、いつものことながら、疑い深い私は自分の目で確認するまではなんだか大きな声で告知もし辛く、先日お店のほうにお邪魔してまいりました。

R0017516.jpg
(↑クリックででかい画像に。以下同様です)

津田沼駅北口出て陸橋を右にすすむとお店の入っているビルで、その2階の入り口から入りましたが、そこから3階の書店に上がる階段脇にでかいポスターがババーン!
なんだかやたら見覚えがある絵が~~
というか、私自身がこの絵を使ってくださいと指定したのですが
とはいえ、圧倒されてどぎまぎしてしまい、いざとなるとまっすぐ視線をポスターに合わせられない……!

R0017520.jpg

お店に上がってすぐの所、誰でも嫌でも目にしてしまうであろう一等地(たぶん)にフェアの棚が!
ギャーなんか棚の下のほう太字で「スカイエマ」の5文字がッ!
二つも?!
連呼されているようでなんか耐えられない……ッ!

R0017527.jpg

棚を拝見すると、我が家の本棚ではおなじみの本たちがここでも集結している!
しかも面出しで!
さらに一冊一冊にポップを付けていただいているという贅沢さ!!

ギャーーーッ!(心の叫び)

もう、感激を通り越して衝撃で、なんだか目が泳いでしまって正視できない状態だったので、あとでゆっくり写真で拝見しようと思って写真をぱしゃぱしゃ撮らせていただきました。
はあ、ビックリした。

企画してくださった書店員さん方にもご挨拶させていただきましたが、「ありきたりの感謝の言葉では言い表せない」級の感謝感激でしたのでうまくこの気持ちがお伝えできたかどうか。

というか、書店員さんにお話を伺って、書店員さんというのはやはり本が大好きでらっしゃるのだなあ~と、考えてみれば当たり前なのかも知れないのですが、その当たり前のことを目の当たりにして、ちょっと驚いてさらに感激しました。
ほんとに今更ですが、本が好きな方々に本は支えられているのですね。
机の前に座っているだけではなかなか実感できないことを教えていただき、自分のお仕事に対しての姿勢を改めて正してがんばっていきたいと強く思いました。


開催にあたってはポプラ社さんに大変お力添えいただいて、お買い上げ特典用の装画のポストカードを4種作っていただきました。

光車よ、まわれ! (ポプラ文庫ピュアフル)黒揚羽の夏 (ポプラ文庫ピュアフル)
月のうた (ポプラ文庫)忍剣花百姫伝(1) (ポプラ文庫ピュアフル)

以上の4種の本をご購入いただくと、それぞれのポストカードがついてきます。
私も何かご協力を……ということで、ポストカードにサインを入れさせていただいてます。

といっても、私のサインはカタカナで「スカイエマ」って書いてあるだけなので、ご覧頂くと
「えっ……」
って思われることうけあいです……。
「スカイエマ」サインを黙々と量産してましたら、家族にも
「サインって結構重要だと思う……」
と釘を刺されました。
以前ほかのイラストレーターさんに見せて、とっても大うけしていただいたこともあります。
そうやって微妙にこのサインに歴史を刻んでしまうと、今更替えようにも替え辛く……。

ほかにも、色紙なるものを初めて描かせていただき、それを飾っていただいてます。
色紙、寄せ書きとかはさすがに書いたことがありますが、一人で占有して描くのは初めてで……
これ以上何を言っても所詮言い訳になってしまいますのでいいませんが、心だけはガッツリこもっているので、温かい目で見ていただけたら幸いです。
(結局最後まで言い訳)

11月いっぱいの開催と伺っておりましたが、今日書店のほうに行かれたポプラ社の方のお話によりますと、まだ引き続き開催されている模様です!
開催、いつまでだろう?
分かりましたらまたご報告いたしたいと思いますが、11月は忙しくて見にいけなかったようという方もまたぜひ、ご覧いただけましたら(そして本をご購入いただけましたら)大変嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。

プロフィール

なぜか私が山間部に住んでいる珍獣のようなことになっているのが最大の謎。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。