スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説屋sari-sari 11月号

小説屋sari-sari 2012年10月号小説屋sari-sari 2012年11月号

本や雑誌は手元に見本を頂くので、発刊された!というタイミングがわかりやすく、告知がしやすいのですが、こちらはいつも告知のタイミングをウッカリしてしまうお仕事……(汗)

角川書店から発行されてます電子書籍、「小説屋sari-sari11月号」、表紙他、イラストを3点描かせていただいてます。

こちら11月号の紹介文を引用させていただきます。

大人気学園ホラー「Another」の外伝“episode S”ヒロイン見崎鳴が海辺の町で出会ったのは!? 「バチカン奇跡調査官」はサウロ大司教、若き日の迷いと成長の物語。「ののはな通信」秘密の関係に大きな危機が!文庫刊行記念の「芙蓉千里」おためし版も!【今号の執筆者】あさのあつこ/綾辻行人/紅玉いづき/小橋めぐみ/崎谷はるひ/白石かおる/須賀しのぶ/藤木稟/三浦しをん(50音順)


『小説屋sari-sari』は「本読み女子におくる、旅と冒険の物語マガジン!」として、最初携帯での配信でしたが、昨年の10月号よりスマートフォン版電子書籍としても発刊、8月号までは無料でしたが9月号からは有料化、10月号で電子書籍化一周年となってますますパワーアップしています!

はじめは確か角川グループ直営の電子書籍サイト「BOOK☆WALKER」でしか購読できなかったと思いましたが、いつの間にか、ほかの電子書籍ショップサイトからも購入が可能になって、PCでも購読可能になってますね……!
ていうか今調べて初めて知ったよ?!
スマホを持っていないために、表紙絵を描いておきながら今まで読めてなかったのですが、そんな私でも読めるようになっていたとは!

私は電子書籍の創刊号より表紙絵を描かせていただいてます。
アリスとその相棒ドードーの旅を描いてもう早1年なのですね……感慨深いです。
10月号ではアリスが不思議の国に里帰り、初めて「アリス」としてはおなじみと思われる服装をしましたが(しかしパラシュートを背負ってスカイダイブしてますが)、11月号では心機一転(?)荒波に乗り出して、再び旅の人となりました……というか、はっきりいってこれは漂流、遭難中です(笑)。
でもうちのアリスはいつでもとことんポジティブ、明るく乗り切ってます。

いつもクレジットの下にかわいいキャッチコピーを入れていただいているのですが、これが完成デザインを拝見する折の私のなによりの楽しみになってます。
今月は、

「こちらアリス!
 地球、ほんとに丸いのかな?
 たしかめてきまーす!」


か、かわいいゼ……ッ!

ゼヒ皆さんお持ちのスマートフォンやらPCやらの中に取り込んで、アリスに皆さんのお供をさせていただきたいです。

あー、そうだ、またまたさかのぼりますが、「『小説屋sari-sari 2012年9月号』購入特典本棚デザイン」というのもございます。
こちらは2012月9月号をBOOK☆WALKERで購入いただいた方に無料で使っていただける、BOOK☆WALKERで購入していただいた本を12冊分納めることが出来る本棚だそうです。
こちらもあわせてゼヒどうぞ!

小説屋sari-sari2012年9月号

↑こんな感じの、2012年9月号の表紙のアリスがデザインに使われてます。
私も早くあいふぉーんを手に入れて、アリス本棚にサリサリビッシリ並べたいぞッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。