スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽のルーキー

今まで部屋の水槽でめだかを飼っていたのですが、外で飼っているめだかのほうがオレンジ色が濃くて健康そうなので、外に移してあげたのでした。
まさに合流~~。

そうすると、今度は部屋の水槽が空になってしまって、さてどうしようと考えたのですが、金魚などの生き物はお世話が大変だし、具合が悪くなったらハラハラするなあ、と思ったので、いっちょゆる~りと水草でも栽培してみようかと思い立ち、近所の園芸&ペットショップへ出かけたのでした。

そこの魚&水辺の生き物コーナー(?)で、逸材を発見。
直ちに買って帰りました。
これです。

まりもん

直径4センチのかわいいあんちくしょう。
まりもです。
阿寒湖では天然記念物。
阿寒湖でない湖から採ったものとか、海外から輸入したものというのもあるらしいのですが、これはきっと、おばさんが丁寧にてのひらで丸めて作ったやつじゃないでしょうか。
(何の根拠もないが、そんな気がする)
水槽の全体像はこちら。

まりもデラックス

25センチ立方の水槽に鎮座するお姿。
広々~~~。

まりもの飼育(栽培)方法を調べたのですが、綺麗な冷たい水で飼育しろというのがどうもキーポイントのようです。
これだけほかになにもなくて、水も多ければ、さぞかしまりもにとって快適なのではないかと思います。

そうそう、名前は「まりもデラックス」です。

せっかくなので、そのうち、仲間のまりもをスカウトしてこようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。