スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説すばる 2010年 03月号

小説すばる 2010年 03月号

2月17日に集英社さんから発行されました雑誌、『小説すばる 2010年 03月号』に絵を描かせていただきました。
木堂椎氏の小説、『彼女とか親父とか』に挿絵を2枚描かせていただいてます。
木堂先生の作品に絵を描かせていただくのは今回が2度目、前回も同じ、小説すばるの読みきり短篇につけさせていただいた挿絵でした。
今回は大学生が主人公の物語です。

飄々とした男子大学生が主人公で、題名のとおり、彼の彼女とか、彼の親父さんとかが絡んでコミカルにお話は展開してゆくのですが、これ以上はネタバレになってしまいそうなので詳しく語れないのが悔しい限りです。
なんというか、
……もう!!!
という読後感でした(笑)。
読者が男性か女性かでかなりこの辺の印象は分かれそうです。
ぜひお読みになっていただきたいです。

今回も、モノクロのイラストを2点描かせていただいてます。
登場人物の年齢がちょっと上がっていて、物語りも軽快な感じを受けたので、イラストはシャープでシンプルな感じを目指しました。
小説の世界観に沿った絵になっているとよいのですが……独りよがりな印象を読者の方に押し付けていないか、毎回心配になるところです。

あと、木堂先生のブログ、昨年絵を描かせて頂いた頃から時々覗かせていただいているのですが、凄く面白くて私は好きです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。