スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫たちとのお別れ

グリグリ長細いねねねねアップ

10月後半に実家の猫と妹が飼っていた猫が立て続けに亡くなってしまいました。
このブログにも時々登場させていた2匹だったので、ご報告をしておこうかなと思います。

実家の猫は20歳くらいの老猫だったので、まあ立派な大往生でありました。
妹の猫はまだ若かったのですが、どうも生まれたときから心臓に異常があったようで、急速に状態が悪くなってしまったのでした。

実家の猫のねねには、お盆に実家に寄ったときに会ったのが私にとっては最後になりました。
細長くなっちゃったな……と思って写真を撮ってました。
とっても長生きしてくれたので、ほんとにありがたかったです。
どんなに家族が癒されたか。
元気な頃は私は『幻の猫』と呼ぶくらいかなり避けられていたのですが、歳をとってからは私がいてもあまり逃げなくなってました。
嬉しいような、淋しいような、複雑な思いでした。

妹の猫のグリグリは、本当に突然のことだったので大変驚きました。
とても元気で、何しろ食欲旺盛な猫だったので……。
夏にお世話をして、私もようやく仲良くなれたかも??と思っていたところでしたし、なにしろ妹が目に入れても痛くないほど可愛がってましたので、ほんとに残念でなりません。

それにしても1週間と間をおかずに2匹とも旅立ってしまったので、なんというか父にも妹にもかける言葉がありませんでした。
猫たちには、どうもありがとうとお礼を言いたいです。

実家で2匹が遭遇したときはグリグリがねねを物凄く警戒してぜんぜんコミュニケーションが取れなかったんですけど、天国ではどうか仲良く遊んでほしいなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。