スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新江ノ島水族館に行った

かわいかった

先月のことですが、新江ノ島水族館に行きました。
私は幼稚園の遠足で行ったことがあったのですが、そのころはもちろん、名前に「新」はついてませんでした。
それからも何回かは訪れる機会があったのですが、「新」になってからは初めて。
清涼感があるし、面白い個性を持った生き物に必ず出会えるし、水族館大好きです。

今回、特に気になったのが↓こちらのコーナー。

旬を味わう……お客から総ツッコミを受けていた一角だった命をいただくから「いただきます」と言う

旬を味わう……。

今までにも、食卓にのぼる身近な魚達を集めた水槽とか見てきましたし、でかいタカアシガニの水槽とか見るとついつい「かに道楽~」とか口走ってましたが、ここまで積極的に食べることを前面に押し出している展示を見たのは初めてだったように思います。

なんか、寿司屋の内装のようなパネルがいやがおうにも「美味しそう」を積極的にアピール。
今まで幻想的な海の中や河の中の世界の神秘的な生命の営みにうっとり浸っていた私たちを、一気に現実世界のまな板の前に引き戻し、「すし食いねぇ!」とゆすり起こすかのような……

おもしろかったです。

束になっている

↑彼らもかなりキュートでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。