スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スナネズミの初受診

中央のココナツの中の白いのがねずみ

一ヶ月くらい前の話になりますが、私が飼っているねずみ(スナネズミ)がしきりに後ろ足で耳の辺りをかいていたのでした。
うちのねずみは、あまり熱心に毛づくろいをしない、ずぼらなタイプ?なので、「おや?珍しいな……」と思って気になってこまめに観察していたのですが、翌日には右耳の下辺りの毛が抜けて、ただれて血が滲んできてしまったのでした。
しきりにかゆそうにかいているので、「もしかしたら、耳に虫?でもいるのかなあ……?」と思い、これはいかん、と、動物病院にかかることにしました。
以前、前のいとしのMYねずみが散々お世話になった動物病院に行くことにしました。

久々の受診になるので(というか、このねずみでは初めてだし)、まず電話で診療しているか聞いてみようと電話しました。

「スナネズミなのですが、診て頂けますか?」
「はい、大丈夫と思います。どうされましたか?」
「あ、あの、耳の辺りを、かゆそうにしていまして……」

って、なんだか童話みたいにミクロな話になってしまい、言っててなんだか激しく照れくさいというか恥ずかしいここちが……ッ

それでも、私にとっては大きな問題であります。
がんばって(?)受診してきました。

ムーミン!塗り薬

ドクターにじっくりみて頂きましたが、とくにダニなどがいる形跡も無いそうで(耳漏とかみられなかったそうです)、ただれたせいでかゆいのだろうということで軟膏を処方していただきました。
結局、何がきっかけでこうなったのかはよく分かりませんでした。
今回の薬の袋、ムーミンでかわいい……!
がんばって軟膏を塗りましたら(的が小さいし動くので大変……)、二日で良くなりました。
とりあえず、よかったよかった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。