スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱出ゲームに時間を喰われるのが怖い

MYST Best Selection ミストIII:エグザイル

以前、『MYST』シリーズのゲームに大変はまったことがありました。
ジャンルでいえばアドベンチャーゲームとなると思うんですが、隠された謎を解きながら先に進んでゆく、注意力や想像力や、それとなんといっても時間と根気が必要な、結構大変なゲームでした。
絵が、というか、この迷い込んでいる世界がすごく美しくて、ここに立ってこうやって風景を見ていたい~とか、はやくあの建物の中に入ってみたい~とか自然に思えるくらい大変魅力的なのです。
ゲームをしていると、自分がほんとにその中で不思議な旅をしているような心地になって、そして苦労して謎を解くとその先に進める、世界が広がる快感もあって、なんかもう病みつきに……。
続編も、「またあの世界を体感したい!」と思っては飛びついておりました。

私が遊んだのは『MYST』『LIVEN』『EXILE』の3タイトルなんですが、その続編が2年も前に2つも出ていたんですね……知らなかった(汗)

Best Selection ミストIV:リベレーション Best Selection ミストV:END OF AGES

なんというか、こういったゲームからは最近意識的に遠ざかっておりました。
これらのゲーム、骨がおれる分、自力クリアしたときの喜びといったらもうーもうー言い表せないくらい大きなものなんですが、それに費やした恐ろしくボリューム大な時間のことを考えると、それが大きければ大きいほど「シマッタ!」感が強くなるというか……この時間をつかって他にやることがあったんじゃないのか?というような気持ちになってしまうのです。

そんなわけで、わりとこういう方面のものを見ないようにしていたんですが、最近、『脱出ゲーム』というのがネット上にたくさんあることを知ってしまいました。
いくつかやってみたんですが、ちいさな「MYST」みたいな面白さがあって、なんかもうーはまってしまいそうで……怖いです。


……というか、この記事を書くために『MYST』を検索したばっかりにその新作を知ってしまい、なんかもうさっそく危険な予感がいたします。
シマッタ……(汗)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。