スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻狼神異記Ⅱ狼が目覚める時


幻狼神異記 2 狼が目覚める時


4月にポプラ社さんから発行されました、『幻狼神異記Ⅱ狼が目覚める時』(横山充男氏著)という本に絵を描かせていただきました!
幻狼神異記、2巻目です!
今回も、装画、挿絵、小さなカットを含めて12枚イラストを描かせていただいています。

そして今回もデザイナーさんのおかげでめちゃめちゃかっこいい装丁です。
『幻狼』の文字、1巻も2巻も実物を見ていただけると分かりやすいと思うんですが、銀の箔押し部分があって、よく見ると狼の爪痕みたいになっているのですが、1巻では1画だった爪痕、2巻では2画に増えてるのです。
カッコイイ……!
あと、1巻に引き続き、隠しアイテムも健在です。見ていただけると嬉しいです。
もうひとつ、表紙の部分に、1巻の隠しアイテムがひそかに登場していたりします。私は本になって初めて気がつきました~~いろいろチェックポイントがあって、毎回、あれっ!と思わせてもらえる装丁で楽しいです。

1巻目に引き続き、この2巻目でも目が離せない展開で、ますますこの先を早く読みたい気持ちでいっぱいになることうけあいです。
私は挿絵を描かせていただく都合上、出版前のわりと早い段階で本文を読ませていただけるわけですが、まだ次の巻のお話については教えていただいていないので、もう随分長いこと、この先どうなるの~~どうなるの~~??と身もだえする日々を送っていることになります。
ほんとに、この先が待ち遠しい……!!

2巻では、私がひそかにお気に入りな一輝が、それはもう私の期待を裏切らない大活躍をしてくれるので個人的に凄く嬉しいです。
(この意味は読まれた方にしかわからないと思いますが……)
主人公の健くんの次に、多く描いてるのは一輝ではないかと思います。
ひそかに、一輝を描くのがとても楽しいです。

主人公の健くんは、大変な能力を持っているスペシャルな人なのですが、登場人物の中ではなんというか一番常識的なんじゃないかなあと、この2巻でますます思えてなりません。
大変な運命にもまれつつ、けっこう冷静に周りの人たちをウオッチしていたり、いきなりシリアスな運命を突きつけてくる大人に対して「そんなあ」といえる等身大の中学生健くんがとても好きです!

ああうう、早く3巻が読みたいです……!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。