スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての蔵書票

リノリウム版蔵書票第一号

銅版画を勉強していたときに、ネットで銅版画についていろいろ調べたりしていたのですが、そんなときに初めて知ったのが『蔵書票』でありました。

蔵書票というのは、
『蔵書の表紙・見返しなどに貼り付けて、その所蔵者を示すための、印刷した小票。書票。エクス・リブリス。』
といったもので、銅版画などの版画で作成されることが多いようなのですが、もともと版画に興味があったこともあり、その小さな世界に凄く興味を持ったのでした。

さらに蔵書票についてネットで調べてましたら、『蔵書票部』という物凄く魅力的なサイトを発見しまして、しばらくの間は指をくわえて「いいなあ~~」と眺めていたのですが、そのうち我慢ならなくなって、去年の年末、入部させていただいたのでした。
会員番号96。
そして、今年早々に開かれた蔵書票交換会に、さっそくいそいそと参加させていただいたのでした。

交換会に参加するには、他の方の蔵書票と交換するための、自分作の蔵書票を用意しなくてはなりません。
はじめ、パソでいつものように絵を描いて、小さくプリントアウトしてみましたが、画面が小さいせいもあって、なんとも、貧弱な風情……
やはりここは版画でやってみよう!と思いなおし、銅版画……は、まだかなり荷が重いので、小学生のころ毎年年賀状作成のために彫っていた、リノリウム版を久しぶりにやってみようと思いたったのでした。

リノリウム版、昔はそこらへんのスーパーでも年末になると購入できたと思っていたのですが、今は全く見かけません。
東急ハンズで購入しました。
懐かしい匂い……
大きさは、購入したリノリウム版ははがきサイズでしたので、どんな本にも貼れるよう、その半分にしました。
彫刻刀をにぎるのも、ほんとに久しぶりでどきどきしましたが、何とか彫り上げて、交換に必要な枚数分を刷り上げました。
というか、彫った時点で、完成~!といった気持ちでいたのですが、いざ刷るときになって思い出しました。
彫るのと同じくらい、刷るのが難しいのです!
上に載せたものは、刷る時に失敗したものです。
左下が欠けてしまってます。

こうして、なんとか、自分の蔵書票を作りましたが、なんとも未熟……(汗)
でも、リノリウム版の楽しさを思い出してしまったので、これからも蔵書票に限らず、いろいろ彫ってみたいなーと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。