スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての銅版画作品

栗ほんとはぶどうだった

半年前の話になってしまいますが、銅版画作品第一号となったのがこれでありました。
部屋に飾れるものを!という高い目標を掲げていたものの、エッチングやアクアチントでどういった効果が得られるのか分からないまま下絵を用意してたり、ひとつひとつの作業が全くの手探り状態であったりもして(言い訳)、作品としてはいつも以上にいろいろ納得いかないものになってしまいました。ウウ。
でも、制作自体はとても新鮮で、ひとつひとつの作業がすっごく楽しかったし、何から何までほんとに勉強になりました。
いい経験をしてしまった。
次にまた作るとしたら、これよりはもう少しましなものが絶対作れると思っています……というか、そうだといいな……と思います……
しかしやはり、いまひとつ手軽にできない感じがあって、なかなか第二弾制作に踏み切れないのがもどかしいところです。

実はこの下絵でパソコンでも絵を仕上げてlotus eaterに載せてます。
銅版画用に意識して描いた下絵だったので、やっぱり少し、いつもと雰囲気の違う絵になったかな……と思ってます。

栗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。