スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腐食槽に、ぐっとくる

腐食槽腐食…なんだか分かりませんが

去年の秋に、以前から興味のあった銅版画の講習を受けました。
小さい頃から版画が好きでしたが、銅版画は未体験どころか、どうしたらああなるのか、全くよく分かりませんでしたので、ほんとに一から教えていただきました。

これは、腐食槽といって、腐食液に銅版を沈めて腐食させるための場所です。
この液が目にぽちゃんなんてはねたらどうなってしまうんだろう…!なんて考えると、結構な恐怖でありました。
ので、出来る限り槽を覗き込まないようにしておりましたが、この部屋の静寂な佇まいが凄く好きだったので、自分の用は無くても他の人の作業を覗きに行ったり、なにかとこの部屋に入ってました。
この、周りの錆び?っぷりがすごく良い感じで、ぞわぞわしました。
そして、この部屋の窓からいつもきれいな秋空を望めるのもすごく良かったです。
不健康そうな腐食槽と、清潔でクールな白壁と、健康的な青空のコントラストが見事な空間でありました。ああ、窓からの写真も撮っておけばよかった……

いちばん右の写真は、よく分からないのですが同じ部屋にあった制御盤っぽいものです。
これもちょっといい感じでした(私にとっては)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。