スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川の名前


川の名前



またこちらでお知らせするのが大変遅くなってしまったのですが、
7/7にハヤカワ書房さんから文庫本化されて発売になりました、『川の名前』(川端裕人氏著)という本の装画を描かせていただきました。
嬉しい……!!
絵を描かせていただくにあたって、本を読ませていただいたのですが、この作品の表紙を描かせていただけるなんて、なんて光栄なんだろう……!と思いました。
というか、もう絶対、私が描く!!とかおもわず思ってしまいました。
とてもすばらしい物語なのです。大好きです。

小学5年生の少年たちの、川をめぐるお話なのですが、私自身の子供の頃の体験や、今おかれている環境などととてもリンクするお話で、自分自身が小5の夏休みを再び体験しているかのような感じを覚えました。

どんな方でも、これはぜひ読まれるとよいなあ、と思うのですが、特に、若い人……小学生高学年くらいの人とか、中学生の人とか、読んだら凄くいいと思います!
今の季節にもぴったりです。(でも、いつ読んでも素敵です。)

というか、ここ3週間ばかり、住まいのリフォームのために、全くネットをチェックできない状況にありました。
今日あわててこの記事も書いてるんですけど、
川端さんのブログを読ませていただいたら、大変、私の絵のことについても書いてくださっている~~!!!
重ね重ね光栄です……!オロオロ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。