2013年03月

装画と装幀@2013

密かにもろもろの告知がまたまた滞りつつあるのですが、期間限定のお知らせなのであわててお知らせです。

明日03月26日(火)から gallery DAZZLE にて開催の展示、
装画と装幀@2013」に参加させていただくことになりました。
私は装幀家の宮川和夫さんとのお仕事で昨年描かせていただいた、「廃工場のティンカーベル」(永嶋恵美氏著、講談社刊)の装画のプリントを展示しています。

廃工場のティンカー・ベル

今回初めてジークレープリントなるなんだか高級な印刷を注文してみましたよ……。
額装をお願いして、まっすぐギャラリーのほうに送ってもらっているので、どんなふうになったか私もまだ見ていないので、ちょっとドキドキしております。

たくさんの著名の方が参加されているのでドッキドキです。
きっと素晴らしい展示になることと思います。
機会がございましたらぜひぜひご覧ください。

以下お知らせです。

gallery DAZZLE

「装画と@2013」

2013年03月26日(火)~ 2013年03月31日(日)
12:00~19:00 (最終日17:00まで)

紙の本の現在と未来に、デザイナーとイラストレーターがどう向かいあっているか。
2013年度の始まりに、2012年度の仕事から40冊の装幀とその装画を展示します。

●オープニングトーク 3月26日(火)17:30~18:30
●ギャラリートーク 30日(土)、31日(日)14:00~16:00、

●イラストレーターとデザイナーそれぞれのコメントを収録した
オールカラーの図録を制作し販売致します。1部500円

<イラストレーター×デザイナー> 敬称略 
あずみ虫 × 黒田 貴
安野モヨコ× 新上ヒロシ
いとう瞳 × 大久保明子
伊藤尚子 × 二宮由希子
井上明香 × 臼井新太郎
漆原冬児 × 平野甲賀
大西 洋 × 守先 正
小川かなこ× 名久井直子
加納徳博 × 関口信介
烏羽 雨 × 坂野公一
北原明日香× 石間 淳
坂本ヒメミ× 松 昭教
清水 沙 × 松倉 浩
スカイエマ× 宮川和夫
須山奈津希× 竹田麻衣子&武井実子
添田あき × ヤマシタツトム
曽根 愛 × 鈴木成一、西村真紀子
竹井千佳 × 福田和雄
竹松勇二 × 松坂 健、本田政昭
玉石佳世 × 長谷川有香
タムラフキコ×草苅睦子
丹下京子 × 高柳雅人
中垣ゆたか× 秋重 羊
中島梨絵 × 鈴木久美
永島壮矢 × 鷹觜麻衣子
新倉サチヨ× 岡本一宣
はまのゆか× 平川 彰
平澤朋子 × 細川 佳
平澤一平 × 横須賀拓
星野槙子 × 小口翔平
町田尚子 × 坂川朱音
matsu   × 笠原直樹
松尾たいこ× 渡邊民人
宮原葉月 × 緒方修一
もとき理川× 五十嵐 徹
ヤギワタル× 藤田知子
山下以登 × 鈴木正道
山村浩二 × 川名 潤
結布   × 清水良洋
吉實 恵 × 池田進吾

スポンサーサイト

忍剣花百姫伝(六)

忍剣花百姫伝(六) (ポプラ文庫ピュアフル)kao06_mo.jpg

ポプラ社から発行されました、ピュアフル文庫『忍剣花百姫伝(六) 星影の結界』(越水利江子氏著)の装画を描きました。
時代活劇ファンタジー、第6巻目です。

古の世から地中に眠っていた天の磐船が飛び立つとき、魔王が真の復活を遂げる……八忍剣と魔王の最終決戦がついに始まる!


ポプラ社さんのサイトから引用しました。

この巻では、八忍剣メンバー(候補)で、傷を癒す力を持ち、臆病だったりおっちょこちょいだったりしながらもそのほがらかなキャラクターで緊迫した空気を和やかにもしてくれる、まさに頭の先からつま先まで癒し系である醜草の故郷が舞台に。
醜草の生い立ちも明らかになり、さらに師匠の那扉鬼の生き様には思いっきり心打たれます。
醜草は愛されキャラだな……。
そして、個人的には銀髪をなびかせる醜草を想像して絵心を疼かせたりしてます。
うずうず。

クロと美女郎にもきゅんといたしました。
二人とも、ええ子や……

今回は、花百姫と天兵を描きました。
背景には大鷲の金目。
天兵、私の中でじわじわと株が上昇中……。
桁違いに強くて頼もしいのに、まっすぐすぎるくらいまっすぐで、にぶちんな上に記憶まで失っちゃってるというところが、なんかこう……くすぐったいキャラです(笑)。
どこかに行ってしまっていることが多すぎる霧矢(涙)と違って花百姫に一番近いところで共に戦ってくれるところに絶大な安心感が!
私的には、弟にするならこの人が心強くて、しかもいじりがいもありそうで面白いんじゃないかと思ってます。(笑)

小説屋sari-sari3月号

17_1.jpg

角川書店から配信されました、電子書籍版「小説屋sari-sari3月号」にイラストを3点描いてます。

本読み女子におくる、旅と冒険の物語マガジン!
二大新連載開始。「リング」シリーズ新章「タイド」&噂の考古学ミステリヒーロー「西原無量」新作!!

春の二大新連載! 日本ホラーの金字塔「リング」シリーズ新たな伝説…「タイド」&「炎の蜃気楼」の著者がおくる“神の手”の考古学探偵「まだれいなの十字架 西原無量のレリック・ファイル」 大特集! 話題の小説屋sari-sari発新刊“ブランコ乗りのサン=テグジュペリ』【今号の執筆者】あさのあつこ/綾辻行人/桑原水菜/小橋めぐみ/小路幸也/鈴木光司/藤木稟/古野まほろ/三浦しをん(50音順)


今月は、ベネチアよろしく笹舟のゴンドラに乗るアリスとドードーを描きました。
春の小川をさらさらいく感じであります。

購読はBOOK☆WALKER他でどうぞ。

S-Fマガジン 2013年 4月号

S-Fマガジン 2013年 04月号 [雑誌]tear.jpg

早川書房「S-Fマガジン 2013年 4月号」巻頭のカラーグラビア、「SF Image Gallery Third Season 第4回」に絵を描きました。

好きなSF・ファンタジーの本を一冊選び、いずれかの場面の挿絵をカラーイラストで描く、とのことで、
うひょ~~!こんな機会二度と無い~~!!
と、本選びに大変悩みました。
ギリギリまで悶々と悩んで、神林長平氏の「完璧な涙」を描かせていただく事にしました。
作中通して登場する砂漠のイメージ、そして感情が無いという若い主人公、難解ながらとても魅力的な世界を自分の手で描いてみたい、と思ったのでした。
案の定、む、難しかったです。

そして、あとで知ったのですが、こちらの作品、漫画化もされてたのですね……!
この世界観を視覚的に表現するの、凄く難しそうだなあと思っていたので、驚きました。
ていうか、誰もまだあまり絵にしていないんじゃなかろうか、という思いもあってこちらの作品を選んでもいたので、思いっきり当てが外れて( ゚Д゚)ウヒョーッてなりました。
落ち着いて考えれば、魅力的な作品は誰もが絵にしたくなるよなあ。

完璧な涙 (ハヤカワ文庫JA)

↑こちらが文庫……あうう、ここにもすでに絵が。(しかも素敵)
私が持っているものはこれとは違うバージョンらしく、幾何学模様みたいな感じの渋いカバーなのだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。