2010年08月

雨宿り

雨宿り

lotus eaterに新しい絵をUPしました。
雨宿りです。
テントの中で女子ふたりの雨宿り。
テントの中の、テントの色がついた光が描きたくて描いてみました。
そういえば『優しいおとな』のなかでもブルーシートで作られたテントの中を描きました。
半年くらい前かなと思いますが、懐かしい。

このテントは秘密基地です。
私も子どものころは、友だちと秘密基地を作って遊びました。
テントなんてゴージャスなものじゃなくて、藁とかで作ったものでしたが。
スポンサーサイト

月刊J-novel 2010年 9月号

月刊J-novel(ジェイ・ノベル) 2010年 9月号

8月15日に実業之日本社さんから発行されました雑誌、『月刊J-novel 2010年 9月号』に、絵を描かせていただきました。
小路幸也氏の連載小説『coffee blues』に挿絵を一枚描かせていただいてます。
連載8回目です。

今回はダイのお店で働いてくれている、元教師、元女子プロレスラーの丹下さんを描かせていただきました。
丹下さんのドーンとしたところがでているといいのですが。
遠景にお客さんの3人のおじいさんズを描きました。
春のなんともいえないぼんやりほんわりした空気を描きたかったのですが、難しかったです。

物語は、ちょっとドキッとするような展開で、いいところで終わっています。
早く次回が読みたい!

そうそう、貴重な小路先生情報なのですが、先月号、目玉焼きにマヨネーズをかけて食べていた三栖さんですが、やはりマヨラー設定なんだそうです。
これからも三栖さんの食事風景から目が離せません!

なつやすみ・その3

なつやすみ・その3

lotus eaterに新しい絵をUPしました。
前回、前々回に引き続き、なつやすみ、です。
これで一応、絵のほうはシリーズ完結(?)です。彼らのなつやすみは続きますが。

ここは一応里芋畑です。
8月だともうちょっと葉っぱが小さいのかなとも思いましたが、大きく育っている地域もありそうですし、まあ、絵の中の世界のことですので、大きく育った葉っぱで描いてみました。

そういえば、子どものころ、幼馴染に「お母さんの芋畑で芋掘りをしよう!」と誘われて、じゃがいもだろうか、さつまいもだろうか、うわあ私初めて~!!と胸を高鳴らせて行ったところが、まさかの里芋畑だったのでした。
まったくの想定外の風景に言葉を失いました。

なつやすみ・その2

なつやすみ・その2

lotus eaterに新しい絵をUPしました。
今回の絵は、先月UPしました絵の続編で、引き続き、同じ4人のなつやすみです。
謎のなが~いの(テストを張り合わせたもの、のつもりなんですが)も登場しています。
もう1枚、続々編として描くつもりです。

PONTOON(ポンツーン)8月号

8/1付で幻冬舎さんから発行されました、文芸PR誌『PONTOON(ポンツーン)8月号』に絵を描かせていたきました。
近藤史恵氏の連載小説『はぶらし』に挿絵を一枚描かせていただいてます。
連載第2回。

前回に引き続き、じわじわとくるような静かな展開だったのですが、今回は、部屋へ泊めることにした高校時代の友人に、主人公が違和感を抱く、ゾクッとするようなエピソードがっ
ヒイッ!

小説現代 2010年 8月号

小説現代 2010年 8月号

7月22日に講談社さんから発行されました雑誌、『小説現代 2010年 8月号』に、絵を描かせていただきました。
塩田武士氏の小説『盤上のアルファ(抄録)』に挿絵を3枚描かせていただいてます。

こちらの作品は、第5回小説現代長編新人賞受賞作です。
雑誌には抄録という形の掲載になってますが、私は全編読ませていただきました。
33歳の社会部から文化部へ異動となった新聞記者と、同い年の破天荒なアマチュア棋士が出会ったことからどんどん展開してゆく物語なのですが、舞台が関西ということもあるのか、登場人物たちの会話がユーモラスで活き活きしていて、人物がみんなとても魅力的で、素晴らしい物語でした。

今回の掲載分は、「えっ?!ここまで?これからいいとこなのに~!」というところまでなので、全文を読むことが出来る単行本化がとっても待たれます!!

選評も掲載されているので、あわせて読まれると楽しいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。