2010年07月

なつやすみ

なつやすみ

lotus eaterに新しい絵をUPしました。
1年3ヶ月ぶりくらいになるかなあと思います。
もう夏休みだね!ということで、夏休みっぽい絵を描きました。
昨年訪れた富山の風景をちょっと参考にしています。
ぶら下がった長細いのは、実はつないだテスト用紙のつもりではあるのですが、別になんでもいいかなあ~とも思っています。それこそ、天女の羽衣でも(とてもそうは見えませんが)

そして今回から、今までの絵よりもサイズを大きくしてみました。
このサイトを始めてから7年くらい経つのですが、その間に、見てくださる方の環境もだいぶ変わってきているようなので、画像をちょっと大きくしてもそれほど差し支えないかなあ、と思ったのでした。
私としても、もうちょっと大きな絵のほうが描きやすくなっていたので。

サイト自体、もう少し手を入れたいなと思っているところなのですが、うーん、当初考えていたよりは、ほとんど現状とあまりかわらないものになりそうな予感がぷんぷんいたしております。
あいかわらずのゆるゆる運営なのですが、引き続きお付き合いいただけたらありがたいです。
スポンサーサイト

月刊J-novel 2010年 8月号

月刊J-novel(ジェイ・ノベル) 2010年 8月号

7月15日に実業之日本社さんから発行されました雑誌、『月刊J-novel 2010年 8月号』に、絵を描かせていただきました。
小路幸也氏の連載小説『coffee blues』に挿絵を一枚描かせていただいてます。
連載7回目です。

いよいよ、ダイと三栖さんが連れ立って行動を起こすのですが、あとは読まれてのお楽しみであります。

今回も、大好きな三栖さん(と、またもやうしろ姿のダイ)を描いてしまいました。
朝食の風景です。
三栖さんは目玉焼きにマヨネーズ派なのだそうです。
私は醤油派です。

水槽のルーキー

今まで部屋の水槽でめだかを飼っていたのですが、外で飼っているめだかのほうがオレンジ色が濃くて健康そうなので、外に移してあげたのでした。
まさに合流~~。

そうすると、今度は部屋の水槽が空になってしまって、さてどうしようと考えたのですが、金魚などの生き物はお世話が大変だし、具合が悪くなったらハラハラするなあ、と思ったので、いっちょゆる~りと水草でも栽培してみようかと思い立ち、近所の園芸&ペットショップへ出かけたのでした。

そこの魚&水辺の生き物コーナー(?)で、逸材を発見。
直ちに買って帰りました。
これです。

まりもん

直径4センチのかわいいあんちくしょう。
まりもです。
阿寒湖では天然記念物。
阿寒湖でない湖から採ったものとか、海外から輸入したものというのもあるらしいのですが、これはきっと、おばさんが丁寧にてのひらで丸めて作ったやつじゃないでしょうか。
(何の根拠もないが、そんな気がする)
水槽の全体像はこちら。

まりもデラックス

25センチ立方の水槽に鎮座するお姿。
広々~~~。

まりもの飼育(栽培)方法を調べたのですが、綺麗な冷たい水で飼育しろというのがどうもキーポイントのようです。
これだけほかになにもなくて、水も多ければ、さぞかしまりもにとって快適なのではないかと思います。

そうそう、名前は「まりもデラックス」です。

せっかくなので、そのうち、仲間のまりもをスカウトしてこようと思います。

幽霊物語

幽霊物語 上幽霊物語 下

7/2に徳間書店さんから文庫本化されて発売になります、『幽霊物語 上・下』(赤川次郎氏著)という本の装画を描かせていただきました。

PONTOON(ポンツーン)7月号

7/1付で幻冬舎さんから発行されました、文芸PR誌『PONTOON(ポンツーン)7月号』に絵を描かせていたきました。
近藤史恵氏の連載小説『はぶらし』に挿絵を一枚描かせていただいてます。
連載第一回。

主人公は一人暮らしの36歳の脚本家の女性。
そこへ長らく会っていなかった高校時代の友人である女性が連絡をしてくるのですが……。
何かをうっすらと予感させるような物語の導入に、ゾクゾクとします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。