2008年12月

かりんに振り回される

買ったかりん切ったかりん漬けたかりん

マンションの庭にかりんの木が一本あって、ちょうど私の部屋から見える位置なのですが、毎年毎年、大きな実をつけてはぼとぼと落としているのです。
でも、せっかくの実も、毎年毎年落ちては朽ち、落ちては朽ち、の繰り返しで、まったく利用されている気配がない……
そこで、今年は奮起して、かりんの実でなんかしよう!と、落ちた実の中で一番ましなものを拾ってきたのでした。
とっても大きくて、とってもいい香り!
芳香剤としてとても優秀でありました。
写真に撮っておかなかったのが悔やまれるのですが……。
さてどうしてくれようか、とネットで検索してみたところ、生食するのは無理、果実酒をつくるか、ジャムを作るか、といったところが主な利用法のようだったので、ここはぜひ、かりん酒を作ってみようではないか!となったのです。
材料となる果実酒用の35度焼酎と氷砂糖はすぐに見つかったものの、果実酒用の瓶がなかなか見つかりませんでした。置いてなかったスーパーの店員さんが言うには、夏にはある、ということでした。そうかあ、梅のほうが、メジャーですもんね……
4件目のスーパーでやっと瓶も入手、いざ、巨大かりん(一個で700gあったので、これひとつで充分だった)を切ってみたところ……

なんか、他の生物の息吹を感じる状態……

早い話が、虫食っていたので、即刻破棄するしかなかったのでした。
肝心の、主役のかりんが……!!
構想3日、準備期間10日間、壮大なMYプロジェクトが、音をたてて崩れてゆく……!!

しかたないので、かりんは近くのスーパーで一袋(6個入り)198円で買って来て、かりん酒を作ることにいたしました。
うーん、なんか納得いかない展開ではあるんですが、いまとなってはかりんの有効利用という目的よりも、かりん酒ってどんなだろうという興味のほうが勝っているので、これはこれで

買ってきたかりんが左の写真なんですが、ふつうのかりんってこんなに小さいのか!と、ちょっとビックリしました。
ドキドキしながら切ってみましたが、こんどは他の生物の気配は感じませんでした。
よかった……

飲めるのは2~6ヶ月先です。
どんなものが出来上がるのか……ちょっと怖いけど、楽しみです。
スポンサーサイト

国際航空宇宙展で謎の写真をたくさん撮る

飛行機ミサイル?なんだったかなあ……??

もうかなり前、10月のあたまくらいのことになりますけど、パシフィコ横浜で開催された、『2008年国際航空宇宙展』というのに行ってきました。
航空とか宇宙とか、子どものころから漠然と好きだった分野だったので、なんか楽しそうだなあ~なんて思って軽いタッチで出かけていったんですが(チケットもらったんで)。

いざ行ってみましたら、なんというか、もの凄く玄人向けの展示会で、私のようなぼんやり好きなだけな人間なんて場違いもいいところ、展示してあるものがいったいナニのなんなのかさっぱり分からない状況で、ぽかーーーん……て感じでありました。
まあ、子供向けのものも中にはあるにはあるのですが、基本的には企業の人が企業の人に向けて、なにやらアピールしているブースが多い感じで……なにをアピールしているのかも私にはよく分からないんですけど……
こんなに私って科学音痴だったっけ……?好きな分野じゃなかったっけ……??

私が出かけて行ったのは、パブリックデーといって、一般の人たちの入場が許された日だったので、どこかのボーイスカウト?っぽい子どもの集団とか、ベビーカーなんか押した家族連れとかも多かったんで、私だけが特別浮いてるというわけでは決してなかったんですが、こういう人たちがいったいどの程度このハードな展示を楽しめてるのか、ちょっと捕まえて問い詰めてみたい気持ちになってしまいました。
カタログをみっしりと集めまくって、立派なカメラで真剣に写真を撮っている人たちもいて(子ども含む)、彼らは心の底から楽しんでいるんだなあ、というか、この展示の意味が分かっているんだ!!と、ちょっとうらやましいような、そういう人たちに混じって若干放心しちゃってる私ってなんか恥ずかしいとか、なんかいろいろごにょごにょと……
なんか、なんか……私と最先端テクノロジーとの間の天文学的な距離感を痛感……

とはいっても、よく見れば理解できるものや(笑)けっこう絵的にとってもキャッチーなものもあったりして、それなりに楽しんできたつもりです。
写真もいっちょまえに果敢に撮ってきました(携帯で)。
(自衛隊ブースだけは撮影禁止でしたが)(←こういうのってちょっとドキッとします)
写真、いろいろ撮ってきたのはいいけど、今改めて見返してみても、やっぱり詳しいことはよく分からない……(汗)
詳しい人と一緒にまわって、みっちり解説とかしてもらえたら楽しかったかも、そしてこういった技術的なことをもう少し身近に感じられたかもしれません。

あちこち見てまわっているだけで、エコバッグとか、付箋とか、下敷きとかペーパークラフトとか、使えそうなものをちょこちょこといただけたりして、そんなのはちょっと最先端テクノロジー側からの歩み寄りが感じられて(笑)嬉しかったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。