2007年09月

チキータバナナ

あざやか

先日バナナを買ったら貼ってあったシールです。
鮮やかでかわいいです。
なんか、捨てられません。
スポンサーサイト

8月13日の空

首都高からもこもこ雲が白い

お盆休みに群馬の実家に帰省していたのですが、その帰りの空模様がなんだか凄かったのです。
こうして小さな写真にとっても、凄く伝わりにくいんですが……
ぱっかりと青い明るい空に、綿のような真っ白な雲がもくもく、物凄く迫力のある夏の空でした……って、言葉でも、一体どう表現したら伝わるのか、私にはその力がありません(汗)
車の中でも圧倒されてしまいました。

BankART

旧第一銀行

横浜にある『BankART1929』です。
前々から、馬車道付近を通るたび、「なんか工事してるなー」と思って見ていた古い建物だったのですが、とっくの昔に工事は終わっていて、なんかそこがリフォームされて芸術のための施設になっていたことを最近になって知って、先月出かけて行ったのでした。

昔、第一銀行の建物だったそうで、外観も立派ですが中も柱とかの佇まいが凄くかっこよかったです。
私が行ったときは、『La Chaine -日仏現代美術交流展』というのをやっていて、面白かったです。

旧日本郵船倉庫入り口分かりづらいけど針金ハンガー

海に近いほうに別会場があって(BankART Studio NYK)、そちらは日本郵船の倉庫だった建物だったそうなのですが、そこもおもしろかったです。

通りからの入り口に、白い針金ハンガーで出来たトンネルがあって、以前からそこを通るたびに「これってなんだろ…???」と思っていたのですが、その倉庫へのゲートだったことがようやく分かってすっきりしました。

こちらの建物は、3Fが、以前の倉庫の状態からまだ全然手付かずな感じで残されていて、凄く魅力的でした。小さな窓から差し込む光とか、もっそりした、広くて静かな空間が、なんだか浮世離れしていて良かったです。そして匂いも倉庫倉庫した感じ……
鳩がひそかに棲みついていたりして、ちょっと驚いたりもしました。(最初、作品かと思うくらいじっとしてたので……)
床にコーヒー豆が埋まってたりしてるのもよい感じでした。
鳩じゃないけど、私も住みたいくらいでした。(広いから)

ライド

ペリカン?オオハシ…?

8月に目黒寄生虫館へ行った帰り、中目黒の駅に向かって歩いていた途中に横道にそれて寄った公園で見かけたライド系遊具です。
両方とも鳥っぽい……おそらく、くちばしが大きくて黄色いほうがペリカンで、青と赤のくちばしのほうは…自信がありませんが、オオハシみたいな鳥を表現しているのではないかと思われます。

二つとも使い込まれたあとがあって、なんとなく嬉しくなりました(?)

LA MAGIE CALDER

表裏

先日購入したDVDなのですが、モビールで有名な芸術家アレクサンダー・カルダーの「カルダー・サーカス」の最終公演を収めたものだそうです。
これがもの凄く良いのです。
何度繰り返してみても飽きません!

針金や布で素朴に作られた小さな人形や道具を駆使して繰り広げられる小さなサーカスなのですが、生き生きとした動きや楽しい仕掛け、驚く展開が待っていて、あっという間にこの世界に引き込まれてしまいます。
もともとカルダーが若い頃に繰り広げていたパフォーマンスだったようなのですが、このDVDに登場する団長カルダーはすっかりおじいさんで、赤いシャツを着て床に座って、効果音や掛け声などかけながら、小さな団員達を甲斐甲斐しく操る姿がとってもキュートです。
出し物のたびに舞台にいちいち小さなカーペットを敷いたり、大道具(小さいですけど)などをセッティングしなおしたり、芸がとても細やかでそれが可笑しかったりします。
奥さんが端でDJみたいにレコードをとりかえつつBGMを流しているのですが、それが実に淡々としているところがまたたまりません。

というか、これの魅力はまさに百聞は一見にしかずなので、機会があったらぜひご覧になっていただきたいです。

このDVDはPAL方式で、我が家のDVDでは再生できないのが残念……
パソコンで再生してみています。

12歳たちの伝説 3

12歳たちの伝説 3

9/10にジャイブさんから文庫本化されて発売になりました、『12歳たちの伝説 3』(後藤竜二氏著)という本の装画を描かせていただきました。

自由研究

自由研究

lotus eaterの絵を更新しました。
自由研究です。
私自身は、小学生のころにおたまじゃくしの観察日記をまとめたくらいしかやってません。
自由でした。やるかどうかも自由な研究です。
私の小学生時代の夏休みは、特別なことは何一つ無かったのですが、ほんとに世界がキラキラして見えました。
なにげない日常的なものを見て勝手にドキドキする習性はあの頃に身に着けたんだと思います。
あのときを通過してきたというだけで私はしあわせものだと思えます。

8月、終わってしまいました。
年々、時間の経過が加速しています。こわいくらいです。
夏休みを終わりにして、いろいろちゃんと動こうとおもいます。うー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。