2007年06月

オーレ・エクセル


オーレ・エクセル Swedish Graphic Designer


先日書店で見かけて、一目ぼれして買った本です。
スウェーデンのグラフィックデザイナーの方のお仕事を集めた本なのですが、色も形も凄く魅力的です。
インスピレーションを大切にして、イメージがまとまるまでに時間をかけていた、といったくだりがあって、凄くなるほど、と感じました。
スポンサーサイト

ヘリコンポ

ヘリコンポ

lotus eaterの絵を更新しました。
80年代に発売された(んだと思う)、ソニーのヘリコンポを描いてみました。
かなりいいかげんですが……

私、むか~し、これ自分用に持ってました。
親にねだって、買ってもらったんだと思います。
レコードプレーヤーが小さくて、レコードの約3/4がはみ出した状態で回転するという、なんというか、斬新なデザインでした。
子どもだった私ですら、「この機械は、この小ささを得るために大切な何かを捨ててしまっているのではないか」と疑心暗鬼になるほど、当時奇抜に思えました。
私はそれほどレコードを持っていなかったので、レコードプレーヤーは使う機会が少なかったのですが、使うときはなんというか、レコードが空中を回転している状態になるので、いつもドキドキで、できるだけその近くに寄らないようにしたりしてました。
カセットデッキの調子が悪くなってしまって、もう捨ててしまったと思うんですが、この愉快なレコードプレイヤーの部分だけでもとっておけばよかったと激しく後悔してます。

レコードプレイヤーはコンポから完全に独立していて、ヘッドホン端子も付いているので、ヘッドホンがあれば直接聴けるし、あと確か、これはFMで電波を飛ばして(アンテナが付いてるのです)、チューナーでそれを拾ってスピーカーから再生できたと思います。
FMラジオでレコードを聴く……
今改めて思うと、ヘリコンポってなんだかつくづく面白い気がいたします。
ああ、捨てるんじゃなかった!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。