2006年10月

鉱石ラジオを作る

鉱石ラジオの雄姿ここが肝心

2月くらいには完成させていたのですが、ご紹介するのを忘れていたので今になって記事を書こうかと……

以前ご紹介した、『大人の科学マガジン Vol.4』の付録の『鉱石・ゲルマニウムダイオード付きラジオキット』です。
作り方通りに落ち着いて作ってゆけば、たぶんどなたでも作ることが出来るんじゃないかな?という感じの難易度だったと思います。
一番大変かなと思ったところをあげるとしたら、スパイダーコイルを作っていくところ……とはいっても、指示通りに導線をまいていくだけなので、ゆっくり確実にやってゆけばあまり問題はないのです。
意外と簡単に完成し、憧れの鉱石ラジオを手に出来たわけなのですが、難しかったのは実は完成後だったのでした。

かわいい…石。

このラジオの検波にはゲルマニウムダイオードと黄鉄鉱、磁鉄鉱の2種の鉱石を使います。
無電源でラジオが聞ける!というのが鉱石ラジオの魅力のひとつかな~と思っていたのですが、このラジオには乾電池を使用する増幅回路が仕込まれてます。

さっそく、なんか聞いてみようじゃないか!と喜び勇んで、まずは鉱石より検波しやすいと書いてあるダイオードをセットして、イヤホンを耳に差し込み選局つまみを回してみましたが、ぜんぜん、なんにも、全く聞こえません。
何度やっても、うんともすんともいってくれません。
出来れば使いたくないなあ~なんて思っていた増幅回路のスイッチをONにしてみても、状況は全く変わってくれません。
なんでーーーー????
回路を確認しても、おかしな点は見つけられなくて、すっかり袋小路に入ってしまい、ラジオを前に呆然と座っていたのですが、それを見かねて、というか、それを待っていたかのように、同居人がラジオを取り上げて、部屋のあちこちへ移動しつつ検波実験を開始、
「ここなら聞こえるよ~~」と、別室の窓のそば、それもまたビミョウな角度でのみ、ほんっとにかすかに放送が聞こえることを教えてくれたのでした。
そんなに検波がビミョウなものとは思いもよらなかった……
同じ場所で鉱石に換えて検波してみましたが、ダイオードのときよりよりいっそうかすか~~~にではありますが、なんとか放送を聞くことが出来ました。

同居人は子供のころに鉱石ラジオを作った経験があって、その音がどういうものかを知っていたのでした。
私はてっきり机の上にボンと置いてくるっと回せばけっこう普通に音が聞こえてくるものかと思っていた……浅はかでした…

クリスタルイヤホンからかすかに人の声が聞こえてきたときは凄く嬉しかったです。
でも、実はいまだに自分ではうまく検波できないのでした。
根気や丁寧さが足りないのか。情けない……

大人の科学マガジン Vol.4 (4)
スポンサーサイト

実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ


実物で学ぶしかけ絵本の基礎知識ポップアップ


先日買ったんですが、凄くおもしろいのです!
以前から飛び出す絵本とかしかけ絵本が大好きで、自分で作れないかなあ……と漠然と思い続けていたのですが、ぼんやり手に取ったこの本に一目ぼれしてしまいました。
いろんな手法が一つ一つ、しかけの実物と解説で示されているのですが、シンプルに徹した白い小さなしかけが1ページに3個くらいずつ並んでいる佇まいが……もうそれだけでワクワク……!
しかけの裏側もめくって確認できるようになっていて、それもまたワクワク……!
というか、しかけがどんなになっているかを見ることが出来たり、解説もされたりしてはいるのですが、展開図がないので、立体的に箱状に立ち上がるものなどはそれだけでは理解するのが難しくて(私だけ??)、自分で作るのはちょっと大変そう……と思ったりもします。
でも、しくみを一つ一つ動かすだけでもこんなに楽しい~!その裏側を見られるだけでこんなに楽しい~~!と私は単純に満足してしまえて、なんだかそれだけでもこの本を買った目的を達成してしまったここちになってしまいます。
うーん、自分で作るかなあ……??

赤レンガ

扉軒下(?)謎の物体A

最近何回か横浜の赤レンガまで行くことがあったのですが、そのたびにちょこちょこ撮った写真です。
こんなんばっかり気になって撮ってます

つらら

なんかこういうところ

先月に行った原美術館の屋上で発見したのですが、

よく見るとつらら!鍾乳石?

つららが……

セメントの石灰質が溶け出して鍾乳石になったもの……かなあ?とか思います。
酸性雨とか関係あるのでしょうか。
大変なことなのかもしれないのですけど、このつららはちょっとかわいかったです。

蝶のしおり

二つ入ってます。本に蝶がとまる虫は小さな天使たち

先月、品川の原美術館に行ったときに、ショップで見つけたしおりです。
先日、横浜のみなとみらいのクイーンズイーストの中のお店でも見つけたので、他にもおいているお店があるのかもしれませんが……
本に挟むと、本に蝶がとまっているようになります。
可憐だ……

虫にちなんで、私が小学生のころの愛読書中の愛読書、『虫は小さな天使たち』に挟んでみました。
この本、けっこう古い本で、Amazonでは扱いがなかったのですが、出版元のあかね書房にはまだあるようです。
虫に興味のある…というか、虫が結構平気な女の子?の、虫や友達との関わりを瑞々しく描写した作品なのですが、私自身、結構虫がダイジョブだった子供だったので、とても共感できたのもありますけど、これを読んで、その情景を想像するのがとても心地よく楽しい作業だったのを覚えてます。

BLISS EXPRESS

カナダのGuu Pressさんからもうすぐ出版になる『Bliss Express』というアートブックに参加させていただいてしまいました。
私のページは10ページ、イラスト14点が掲載される模様です。
そしてそれに関連して、10月7日から25日まで、カリフォルニアのGallery NucleusBliss Expressの展示会が開かれます。
私は展示会には3作品出展、プリントを販売予定……と思うんですが、この目で確認できないのがなんとも……(汗)
7日午後7時~11時にはオープニングレセプションが開かれます。
私は残念なんですが出席できません~~
お近くの方はぜひ!
ご旅行などされる予定のある方もゼヒゼヒ!
そして、いったいこちらのギャラリーがどんなふうだか、私に教えてくださーい(日本語で)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。