2006年09月

豆本第2弾

8冊8冊やっぱり8冊

自作豆本の第2弾です。
内容はプライベート作品集……みたいなもので、身内に配るために8冊制作しました。
クリーム色の紙の表紙に深緑の見返し、本文は硬めの紙を使用してます。
一度に8冊つくるということはもちろん初めての体験だったのですが、本文を糸でとじてゆく作業が一番大変でした……糸がすぐに切れてしまうので(涙)。というか、それ以外は、2冊も8冊も、それほど手間は変わらないな、と思いました。

このくらいの大きさ

大きさはこんな感じです。
前の赤い本とほとんど変わりません。

平積み

憧れの(笑)平積みです。

全集風?

今度は並べてみました。

ということで、一度に8冊の豆本を前に、ついはしゃいでしまいました。
出来の程は、ウウム、まだまだ…って感じです……
スポンサーサイト

ビルの絵

ビルの絵…

私が部屋に唯一飾っている絵画?です。
額越しなので、どうしても光って写ってしまいます(汗)。
絵画……といっても、ビルの完成予想図だと思うんですが、建築設計事務所にいくつも飾ってあったもののうちのひとつでした。
処分してしまうということで、お気に入りだったこの絵を譲ってもらったのでした。
絵の色調が好きだったこともありますが、なんといっても気に入ったのが、たまらなくレトロなディテールです。

かわいい…女性のスタイルがバービー四角い車

人物の着ている服やら、車の色やら形やら、'60年代?'70年代?的な時代の空気に満ち溢れてる感じが凄く良いのです。
オシャレだー!

このビル、実際に建てられたものなのかどうか私は知らないんですが、建てられてるとしても、まだあるのかどうか……
どなたか、見たことありますか?

豆本作りの参考書

私が持っている豆本に関連する本をご紹介してみようかと思います。


自分で作る小さな本


自分で作る小さな本
この本を書店で見つけたのが、自分で豆本を作ってみようかなと思いたったきっかけでした。
もともと豆本には興味があって、小さな本をゆるゆる集めたりしていたのですが、それを自分でも作ることができるというのは思いもしなかったことだったので、衝撃的でした。
とても凝った、美しい意匠の小さな本がたくさん紹介されていて、見ていて夢が膨らみます。

そのあと、もっと詳細な作り方が知りたくて、『豆本をつくる』という本(アマゾンに画像が無くて…)を入手いたしました。
様々な種類の豆本の作り方が、丁寧に詳細に解説されています。
これを一つ一つ読みながら、初めての豆本を作りました。
手放せません。


手で作る本


手で作る本
最近書店で見つけた本です。
豆本の本ではないのですが、上でご紹介した「豆本を作る」にもなかったような、いろいろな美しい製本の方法について紹介されていて、ますます本の世界の深さを思い知りました。
一度やってみたい製本ばかりで、わくわくします。
紹介されている本の装丁がシンプルで美しくて、とても私好みだったりします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。