2005年01月

人面……

050105_1635~02.jpg050105_1635~01.jpg

信号機の歩行者用の押しボタンなんですが、
どう見ても人の顔に見えてしまうんです
なんかこう、もの言いたげな、気弱そうな
スポンサーサイト

エスカレーター

050105_1550~01.jpg050105_1550~02.jpg

たった今思い出したんですが、私は小学生高学年まで、うう、ひょっとしたら中学生の頃まで、下りエスカレーターに乗る最初の一歩は誰かにつかまっていないと絶対にダメでした。一人のときはしょうがないので階段を使ってました。
なんだか、バランスを崩して踏み出し間違って、その拍子に下まで物凄い勢いで転げていってしまうんじゃないかと、その一瞬にとにかくそれはもう物凄い恐怖感を感じていたのでした。
今では、上りも下りも、たとえ両手がふさがっていたってぜんぜんへっちゃらで乗ることが出来ます。
ああ、わたし、大人になったなあ~!!

そんなことじゃなくて、エスカレーターです。またみなとみらいです。
あまりにかっこよくて、それなのに人がぜんぜんいなくて、いろんな意味でなんだか人が昇降するための装置とは思えない存在感でありました。

みなとみらい

050105_1547~02.jpg050105_1547~03.jpg

つくりかけの街に凄く魅力を感じます。
新しかったりぴかぴかだったりするんですが、なんとも不完全だったり不安定だったりする感じが、なんかこう、気持ちがざわざわして好きなのです。
これは、横浜美術館からみなとみらい駅へ向かう途中のところの階段なんですが、平日で人がほとんどいなかったこともあるのか、なんだかとっても半端でおかしな空間でした。

ライトアップの仕掛け

050105_1546~01.jpg050105_1546~02.jpg050105_1547~01.jpg

去る1月5日に、横浜美術館で開催されているマルセル・デュシャンの展示に行ってまいりました。
デュシャンの作品は小さい頃から凄く気になっていたので、実物を見られるのが凄く嬉しかったです。
でもいままで私が接していたのは、画集や図鑑のなかの作品であったので、実際に目の前にして、若干印象がずれていたものもあったりして、それはそれでいろいろと感慨深いものがありました。
興味がおありの方は3/21まで開催中だそうなので、ぜひ足をお運びください。

というか、横浜美術館の前の広場というか、スペースがあるのですが、もうちょっと日が暮れてきますと、いろいろライトアップっぽいことをされるのです。
私がこの日訪れたのは昼間で、ライト点灯まではいられなかったのですが、かわりに、その時に光るであろうものを撮ってみました。(わりと不毛……)

真ん中のちっちゃいぽつぽつは、たしか、ランダムに輝いて、ちょっと星の瞬きっぽい感じになるんだったと思います。
いちばん右の丸いのは、木をライトアップするであろうものです。
……うーん、やっぱり、光ってるときを見たい。

踏み切り

041223_1343~01.jpg041223_1343~02.jpg

妹の家へ遊びに行くとき、必ず小さな踏切を横断しなくてはいけないのですが、その踏み切りや、線路内のよくわからない装置(?)の佇まいにとても惹かれます。

ちょっとまえのブライスさんたちの様子

041221_1246~02.jpg

去年のディスプレイの様子なんですが、ご覧の通りわりとにぎやかというか……
でも、このブライスさんたちが座っているあたりはまだなんというか、ましなほうといいますか、

041221_1248~02.jpg

すぐそばのその他のお人形さんたちエリアはこんな感じの混沌ぶりでした。
『足の踏み場もない』をずばり体現してみました。
人形たちの不満の声が今にも聞こえてきそうな生々しい臨場感です(いらない)

041221_1250~02.jpg

この、足元に散らかった食玩のディスプレイ(ちゅうか、ただ置いただけ)に問題があるんじゃないかと思いまして、食玩の整理整頓のためにも、このガラス棚のなかに家具の投入を決めたわけです。
家具投入後の現在の様子はまた次回ご報告いたします。

夜の首都高

050102_1732~01.jpg050102_1733~01.jpg

夜の首都高が大好きです。
大学生の頃はたびたび友達をけしかけて、真夜中首都高をぐるぐると走ってもらいました。
何周しても飽きませんでした。
今も、ぜんぜん飽きません。

風景

041230_1632~02.jpg050102_1244~01.jpg050102_1334~01.jpg

実家に帰った時に撮ったものです。
冬って空気が澄んでていろいろきれいで、寒いのは苦手なんですが大好きな季節です

ゆきだるま

050101_1155~01.jpg

正月に実家に帰った時のゆきだるまです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。