2004年12月

夜歩く

041220_1747~02.jpg041220_1748~01.jpg

なにやら人面が……

冬って、夜の外出が結構楽しいものですね~~

これは目黒の庭園美術館で12/17~24に行われていた、『光の彫刻』のインスタレーションの様子を撮ってみたものです。私の携帯じゃこれが限界……
美術館の建物に映像を投影してます。そのほかにも、いろいろ幻想的な感じでライトアップされてて、歩くのが面白かったです。
この特別展示は終わってしまってますが、メインの展示の方は1月までありますので、興味をもたれた方はぜひどうぞ。
庭園美術館はいつきても素敵だなあ……

041227_1805~02.jpg

別の日ですが、こんなとこにも行ってみました。
東京駅~有楽町駅あたりで開催されている、東京ミリオネアじゃなくてミレニアムじゃなくてミレナリオです。(なかなか覚えられなかった)(そしてまたすぐに間違えてしまいそう)
これは1/1まで開催してるようですが、なにやら人が多くて、交通整理もかなり盛大で厳重で、ウウムって感じでした。
一通だったり、ロープで仕切られていたり、「たちどまらないでくださ~~い」って注意も何十回と聞きました。ピーっていう交通整理の笛も……
なんかこう、もっと厳かな雰囲気だったら良かったのになあ……人出が多いとそういうの、難しいんでしょうか。ムム。
でもライトアップは素敵でした
スポンサーサイト

TNT Black Francie

041228_1359~01.jpg041228_1406~02.jpg041228_1406~03.jpg

だあ~いすきフランシー!!
ということで、ここのところフランシーに魂をすっかり奪われている私なのですが、すっかり奪われているのは魂だけではなくて財布の中身もなのでした。(……)
そんなこんなで変な勢いがついて、実は3人目のフランシーもドサクサ紛れにお迎えしていたのでした。こんなことで大人パワー全開でどうするのだろう私……

その存在を知ったときからMY憧れNO.1だった、ブラックフランシーです。
早い話がフランシーの色が黒いバージョンなのですが、発売された数が少ないそうなのです。
ブラックフランシーは1967年と1968年に販売されていたようなのですが、この子はさらっさらの赤毛なので、どうやら1967年に販売された1stの子のようです。
2ndの子はブルネットでもっとウェーブがかかった髪のようです。
リプロダクトのブラックフランシーは2ndに似せてあるのかな?と思います。

なんかもう……ブラックフランシーって、きっとかわいいんだろうなあ~と思っていたんですが、実物をいざ手にとって対面すると、なんかもう……
この人のあまりのかわいさかっこよさに、見つめてはくねくね身悶えする幸せな毎日です。
実はこの子にはところどころグリーンがあったり、左足を骨折していたりするんですけど、そんな難はまるで気になりませんっていうかだってもうなんてったってかわいすぎて~~(←つける薬が無い)
裸で我が家にやってきたのですが、今は1970年頃のアウトフィット、Pony Coatを着てもらってます。
これがまた、に、似合うゥ~~(くねくね)

TNT Francie brunette

041221_12347E01.jpeg041221_12377E01.jpeg

大好きフランシー!!
ということで、ここのところずっとフランシーに心奪われ廃人寸前の私なのですが、廃人は廃人らしく、新たに2人目のフランシーをお迎えしました。
あう、ご存じない方のために、このフランシーというのは、バービーのモッズないとこでロンドン出身の女の子、という設定のお人形です。
1960年代後半から1970年代初頭くらいに発売されていたようです。

ブロンドのフランシーはもう手元にいるので、ぜひともブルネットのフランシーを……!とずっと思っていたのですが、優しくて奥ゆかしい表情に惹かれて、もうこの子をお迎えするしかない!と運命を感じてなんだかついつい(言い訳タイム終了)
残念なことにじつは耳にうっすら退色というかグリーンがあったりもするんですが、このかわいいお顔でそんなのぜんぜん気にならないっていうか耳は隠れちゃうからもう気にしない方向であります(力技)
残念ついででいえば、フランシーはまっすぐな足が重要な魅力ポイントのひとつかなあと思ってるんですが、この人はなんだか足が開き気味なので、なんとかおとなしく閉じるようにならないかなあ、と、ティッシュをぐるぐる巻いて現在矯正中です。
まあ、足先が開いてても元気な感じでいいっていえばいいんですが、この子のおとなしめな印象とはちょっとあわないかなあ~~ともおもうので……
治るといいんですが

京都のマンホールその弐

041215_15227E02.jpeg041215_15287E01.jpeg

なんか、凄く限られた場所でちょこちょこっとしか観察できなかったわりには、5種類も見つけることが出来て、ちょっぴり感動でありました。
京都はきっと、マンホール歴も古いんだろうなあ、と思ったりしました。

京都のマンホールその壱

041215_15217E01.jpeg041215_15217E02.jpeg041215_15227E01.jpeg

清水さんから八坂神社方面に向かうあたりで採集しました。
いまいち柄が鮮明に写らなかったのが残念……

京都のホテルの窓から

041215_08447E01.jpeg041215_08447E02.jpeg

12月中旬に京都に行ったのですが、泊まったホテルの窓からの景色がこんな感じの現場でありました。
クレーンがたんまりと堪能できるベストビュー!でありました。
向かって右の写真には、よ~~くみると五重塔が写ってるんですけど、判ります??

新幹線の車窓から

041214_08407E01.jpeg

小さい頃、電車の窓から見える電線が気になってずっと目で追っていたものですが、今でもじゅうぶん気になるのでした。

新巻、襲来。

041211_17537E01.jpeg

これ、11日のことなんですが、いきなり新巻鮭を頂いたのです。
が、私はこれが届いたとき家にいなかったので、
同居人が独り、彼(彼女?)の襲撃を受けることとなりました。
(画像は同居人が激写して忘年会真っ最中の私のところに送ってきたものです)
デカイし凍ってるし冷蔵庫にはこのままじゃ入らないしでもとけちゃうとだめになっちゃうしで、軽くパニックになったそうです。(ていうか、泣きそうになったと言っていた)
結局何とか解体して、ラップにくるんで袋に詰めたりいろいろして冷凍庫におさめたそうです。
私、家にいなくてよかったなあ~~(なんて口に出してはとても言えない)

そして、まだ食べ終わってません。

カラス除け

041208_15587E01.jpeg

私はルーフバルコニーでガーデニングと呼べるのかどうかビミョウなことを繰り広げているわけなんですが、それでも一応、私の庭、という意識があるのです。
MY庭を守るべく、とうとう先日、カラス除けなるものを設置してみたのでした。
ほんとはこんなのやりたくなかったんですが……(美観を損ねるから)(でもそもそも私の庭に美観があるのかどうかもギモン)
CDを2枚張り合わせたものを一枚、張った針金にぶら下げてみました。
約2週間経過しましたが……うちには存在しないはずの柿の実とかが落ちてるので、なんか効果うす~~って感じでしょうか……(涙)

首都高

041205_16107E01.jpeg041205_16137E01.jpeg

首都高でいろんなものを見るのが好きです。

号泣

041117_15267E01.jpeg

なんか、泣いてる顔みたいに見えたのですが……ど、どうなんでしょう
難易度高

花束

041128_10567E02.jpeg

先日もらった花束です。
近くを通るだけでもいいにおい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。