2004年10月

Toys That SHOOT

041027_13277E01.jpeg041027_13247E02.jpeg041027_13257E01.jpeg

『Toys That SHOOT and other neat stuff』という本です。
昨年?一昨年?東京タワーで開かれていた「ジャンクショー」で買いました。
おもちゃのてっぽうを集めた本です。
全部おもちゃですから、おもちゃの弾が出るものだったり、吸盤がついた矢が飛ぶものだったり、水鉄砲だったり……
因みにいちばん右の写真の3つの銃は輪ゴムを飛ばすものだったりします。
輪ゴムをとばすっちゅうのにこのシブさ。無駄にかっこいいです。
いいなあ。これは欲しいです。
リアルに銃っぽいものもありますが、私は光線が出てきそうなSFっぽい水鉄砲とかにすごい惹かれます。表紙の下の二つなんか、そういう感じで良いです。
銃なんて全く興味ないですけど、こういうおもちゃは面白いと思いました。
男の子じゃないけど、なんかわくわくします
スポンサーサイト

Rik Rak Rah

041026_16157E01.jpeg041026_16117E01.jpeg041026_16197E01.jpeg

スキッパーの1970年のアウトフィット、『Rik Rak Rah』がやってきました。
さっそくスキッパーに着せてまたもやウキウキしてます。
おちゃめなリビングちゃんにさぞかし似合うだろうなあ~~と思ってたんですが、
期待通り、とってもお似合いで嬉しいです。
スカートの下のプレイスーツはつなぎになっていて、
パンツのすその部分も、首と同様にテープで縁取られていて、とってもかわいいです。
スカートに隠れてなかなか見えないのがもったいない感じです。

多肉の植え替え

041024_14247E02.jpeg

ほんとは春にやるべきだった多肉植物の植え替えに着手してしまいました。
だいじょぶかなあ……???(でも前もやった)(結構いいかげん)
葉っぱや根っこを整理して、今乾かしているところです。
君たち……私もがんばりますがあなたたちもがんばって(汗)

ピコにミニドレスを

041023_08447E01.jpeg041023_08467E01.jpeg

ピコ用に、オフホワイトの毛糸で、ボンネット(という名の兜)とホルターネックのミニドレス(という名の鎧)を懲りずに編んでみました。
ていうか、人形自体が大変小さいので、並太の毛糸なんかで編んでしまってはどうしても鎧みたいにごっつくなっちゃいます……
もっと細い糸じゃないとダメっぽいです。
制作時間約50分
なんかもう……デザインとかも……いろいろ修行が必要です(涙)

ピコは顔の向きがちょっとあごが上がりぎみというか、やや斜め上を向いた感じで頭がついてます。
こちらを見上げてるみたいでかわいいです。

煙突??

041010_12457E02.jpeg

このまえ外出した時に車窓から見えた気になる物件です。
ちいさな小屋っていうか物置みたいななんかの施設?建物なんですが、その大きさに不釣合いな、なんかでっかい突起物が屋根から突き出ています。
換気扇……なのかなあ??と思うんですが、
なんか、この佇まいがいいなあ、と

再び、あめ

041020_16037E01.jpeg

前とはまたちょっとだけ違う「あめ」のマンホールです。
もうすぐ台風が来ます。この辺も雨ざんざか降ってます。
この下は今、大変なことになってるんだろうなあ、とか思います。

ピコ

041019_15237E01.jpeg

今日到着しました、タカラから大昔発売されていた『ピコ』さんです。
オリジナルのアウトフィットを着ていたんですが、なんかビミョウだったので、いつもの服を着せてみました……が、ビミョウさ加減でいえばあまり変化がなかったかもです。
ボンネットも早速この人のサイズで編んでみました。
ますますビミョウに。

人形の状態は、ほぼ新品!当時のまんまのケースに入ってキラキラピカピカです。
めのペイントもお星様キラキラ……
私が今所有するバービーやブライスやレギーやキッドルなんかとだいたい同年代のお人形とはいえ、明らかにそれらとは違う、昭和にっぽんの香りがいたします。

私が幼い頃に一体持っていた、なんだか正体のわからない小さいお人形は、おそらくこの『ピコ』なのではないのだろうか??という答えに行き着きまして、真実を突き止めるべく入手してみました。(要するに欲しかった)
実際手にとれば感覚的にぴんとくるかな??と思ったんですが、想像以上にMY記憶が儚くて、期待したほどは「これだーッ!」とは感じることが出来なかったんですが、でも、このつまめそうな頭の大きさ(小ささ)、のっぺりと広いおでこの感じ、限りなく近い感じです。
一番ぴんと来ないのがこのつややかな明るい金髪……
私の人形は髪がブラウンだったかも。
そっくり同じ人形ではないけど、また逢えたね……とうっすら感動なここちです。

ていうか、早い話がかわいくてひゃっほう!!てかんじなんです。

041019_15217E01.jpeg041019_15227E01.jpeg

ちょっとわかりにくいんですけど、左手を上に動かすと首が左にまわります。
同様のギミックがDawnにもあるようなのですが、このピコはベンダブルレッグではなさそうなので、サイズや形はほとんど同じように見えますがそっくり同じボディではないのかも……
Dawnを持ってないのでなんともいえないんですが
(Dawnは足も手と連動して動くのかな??)

041019_15197E01.jpeg

向かって右隣はスキッパー、左隣はフィルムです。
測ってみましたら身長は約16cmでした。
ちいさーい!
そういえば、この人形、あまりにも小さくてリカちゃんとつり合いがとれなくて、結局あんまり遊ばなかったんだよなあ~~なんて思い出しました。あらら。

Dawn Dolls

041015_15387E01.jpeg041015_15417E03.jpeg041015_15437E02.jpeg

Dawnは1970年に発売された、身長約17cmのファッションドールだそうです。
日本でもタカラから『ビューティフル・ドォン』という名前で発売されていたようです。
私は凄く幼い頃に、Dawnとはおそらく違うんですが、このサイズのお人形をひとつ持っていた記憶があって、それは一体なんという人形だったのか知りたくて折々に調べているんですが、記憶がカナリあいまいなこともあって「これだ!!」と確信を持てるような答えをずっと見出せずにいるのです。

dawnは私がバービーやらレギーやらを調べているうちに自然と存在を知った人形なんですが、その誕生時期や小ささにうっすら魅力は感じつつも、残念ながらこのお人形の顔があまり好きではないために、積極的に集めたいなあとは思わなかったのでした。
それでもなにやら本があるみたいだから、自分の探している人形のことも何かわかるかもしれないし、いっちょ買ってみようかなあ~なんて感じでさらりと購入した本なのですが、
これが!
これがッ!
なんかもう~~わたし的に夢満載の内容でございました。
すっごい小さいのにバービーのモッズ期ばりの(ていうか、よく似てる)魅力的なアウトフィットの数数!
ドールケースも家具も、もうどうしちゃったんだ!と思うくらいの素敵デザイン!!
たまりません。
ああ、これで人形の顔がもっとビューティフルだったなら!!(失礼発言)
でも、このdawnさん、凄いミニサイズにもかかわらず、モッズ期バービーのようにリアルアイラッシュでいらっしゃるのです。
ええと、まつ毛がペイントではなくてちゃんと植毛されてるのです。
もしかしたら現物を手に取ったらその魅力に心奪われるのかも~~
なんて(MY財政的に)危険なことを思っちゃったりしながら、寝る前にこの本を開いてため息をついたりするのが私の最近の日課になってたりするのです。

Color Magic Barbie

041011_13577E02.jpeg

リプロダクションのカラーマジックバービーです。
ヴィンテージのカラーマジック様やアウトフィットのBloom Burstsは高価なので私じゃとても手に入らないだろうなあ~~ということもあってこちらを入手してみました。
カラーマジックはそもそもお薬をつけると髪やらアウトフィットやらの色を変えられるというのがわくわくのシリーズだったそうなのですが、このリプロは残念ながらそれが出来ません。
うう~~~ん、それが出来なきゃ、なんだかなあ……というここちもほんのりするのですがしかし、何にいちばん惹かれたかというと、このパッケージレイアウト!
ヘアピンやリボンや、そういう小物までステキに並んじゃってて、
ほんとはうちのバービーさんにBloom Burstsを着せたかったのに、
もったいなくてここから動かせません……!!
この状態で部屋に飾って、見つめてはニヤニヤしてます(またか)。

でも先日、ドールだけは箱から外してみました。
なんか、後頭部に針金が2本突き出ていて、それで台紙に固定されてたりして、なんかもう、ひっぱっても抜けないし、こりゃどうするのよ?!と迷いつつもはさみでぶった切ったり、なんかこれでいいのかなあ???というような正解がわからない箱出しになっちゃったんですが、出したら出したでヘアバンドがまた頭に一針縫いつけられてる……
なんか、箱のまま楽しむべきだったの??と激しく悩まされましたが、でも、なー!
今までヴィンテージ期のバービーの顔にはあまり魅力を感じなかったんですが、
(ていうか、なんか怖くてぶっちゃけあまり好きになれない……)
この人は、ストレートの黒髪もきれいで、わりと魅力的???と思いました。
こんどはこの縫い付けられてるヘアバンドも外して、私の持ってるアウトフィットを着せてみたいです。

まるい

041011_09237E02.jpeg

最近はかなりまるくなってます。
夏の間はあんなに平らに伸びてたのに。
ああ、涼しくなったんだなあ、と感じます。

首都高の下

041010_12537E01.jpeg

この上を車がぶんぶん走っているのか……と思うと
ちょっとぞくぞくします

街のデザート屋さん2

040930_16207E01.jpeg040930_16197E02.jpeg

先日すこし安くなっていたので食玩を二箱買ってみました。
『街のデザート屋さん2』というやつです。
そのうちのひとつがこれ、ストロベリータルトだそうです。
なんかもうすごい勢いでおいしそうです!
一切れちゃんと切れていて、断面も見れて、ますますおいしそう……
ちゃんとケーキサーバーで取り上げたり出来ます。
もう一箱はケーキ屋さんのお持ち帰り用の箱に入ったシュークリーム&エクレアだったのですが、まあよく出来ているものの、こちらはここまではおいしそうじゃない感じでありました。

大好きFrancie

フランシーはロンドン出身のバービーのいとこです。だそうです。
物憂げな優しい表情がとっても好きです。
文句なくストレートにかわいいなあ~~!と思えます。

ただ、最近、私のフランシーの表情がなんだか硬い冷たい感じがしたので、
いっちょフランシーで遊んでみることにしました。

041006_21517E01.jpeg

1970~71年のアウトフィット、Corduroy Capeをエイヤっとかぶせてみました。
フランシーって、かぶりものが凄く似合うと思うのです。
かぶりものといっても着ぐるみとかじゃなくって、こういう、ほっかむり系の……
……なんて言えばいいのやら(汗)

041006_21517E02.jpeg

こういう、なんか顔がおさまってる感じが、かわいいと思うのであります。

私のフランシーは、なんというか、あまり優しい表情じゃありません。
上唇がすこし左右不対称で、そのせいか、なんだか
「……フン」
て感じがなくもないのです。
ちょっと反抗的なフランシーなんです。ウーム

041006_21527E02.jpeg

裾にはふあふあなファーが付いてます。とても暖かそうです。
このケープ(ポンチョ?)にはストンとしたタイトでシンプルなボトムなんかが合いそうかなあ……とか思ったりもしますが、あいにく似合いそうなアイテムが手元にありません。
用意してあげたいなあ……と思うのですが、なかなか

041006_21537E01.jpeg

ちょっとかまってあげただけですが、なんとなく表情が違って見えるのは
気のせいでしょうか

ガラス戸棚

040930_14307E01.jpeg

人形とかモビとかを飾っている小さめのガラス戸棚です。
おもちゃを部屋にいろいろ飾ると狭い部屋がゴチャゴチャと余計に狭くなってしまうので、そういったものはなるべくここに飾って、あとはできれば埃のかからないところに保管しよう、としているのですが……ウウム
ガラス戸の中の棚は3段あるのですが、一番上の棚はプレイモービルを飾ってます。
今のところ、レスキューシリーズの古いものを飾ってます。
真ん中の棚は人形を飾ってます。
ブライス3体、ベッツィ、レギー、キドルたち、それとシュタイフのうさぎも置いてます。
ほんとは、レギーは立たせてスラリと飾りたいところなのですが、棚が低いので無理なのです。
あと食玩がちらほら……
下の段は食玩のスタートレックフィギュアが並んでます。
Mr.スポックもいらっしゃるのですが、ときどきいきなりバーンと倒れたりすることがあって、たいへんビックリします。
いつもこの棚の中をニコニコ覗いて、うれしー!たのしー!なんてやってるのですが、この中のものたち、とくに人形たちは日焼けなどが心配だったりします。
かといって、ぜんぜん飾らないで普段見られないのとかっていうのもつまらないしー!

配管とか

040925_10147E01.jpeg

こういうのが気になってしょうがないんです。

蝶の缶

041005_13377E01.jpeg

実家を片付けている時に発掘したものです。
もともとは、どうも煎餅が入っていた缶のようです。
煎餅と蝶……という取り合わせが今ひとつぴんと来ないのですが……。
兎も角、蝶のイラストがとってもリアルで、そしてとってもかっこいいです。
古いのかどうかは判らないのですが、色柄がレトロふうみ満点です。
キッチンにあったせいもあって、結構汚れていて、がんばって拭いてはみたものの
ご覧の通りあんまりきれいになりませんでした。
中はきれいなので、人形の服やら小物やらを詰め込んで使ってます。
普段高いところに置いてるのですが、取る時に思いっきり落としてぶつけたりしてるので、ちょこっとへこんでしまったりしてます。
トホホ~~

スタンプ

040930_14347E02.jpeg040930_14347E01.jpeg

これももらい物なのですが……
「捨てるならゼヒ私に……!」
とかいって、いろいろ頂いてきたもののひとつなんですが(まだある……)、
スタンプとスタンプ入れです。
この使い込んだ感じをみると、いろいろ、想いが浮かんできます。
私でも使う機会がありそうな、数字とアルファベットを選んでもらってきたんですが、
他の変わったものももらってくればよかったかなあ~~とかいまさら思ったりもして……
でも頂いてきてからまだ一度も使ってません。うーむ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。