絵のしごと

縄文の家殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿

縄文の家殺人事件 ~歴史探偵・月村弘平の事件簿~ (だいわ文庫)

だいわ文庫「縄文の家殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿」(風野真知雄氏著)のカバーイラストを描きました。

東京と青森で見つかった二つの遺体。密室、13年前の死、古代史の謎。八丁堀同心の血を引くイケメン歴史研究家が難事件に挑む! 


大和書房のサイトより引用しました。

主人公の歴史研究家の月村さんは縄文時代の専門ではないのですが、事件の内容が縄文がらみなので縄文土器を配した研究室っぽい部屋にいる月村さんと、月村さんの彼女で刑事である夕湖さん(と猫のチェット)を描いてみました。
ちなみに、月村さんと夕湖さんを描くにあたっては、実は編集さんからイメージモデルとなる俳優さんを提示されていたのですが、なんとなく内緒にしておきます。
ちょっとは似ているかな……??

内容がミステリーなのであまり詳しいことはここに書けませんが、思わぬトリックが仕掛けられていて……これはちょっと予想しづらいのでは……?

事件の本筋とは別なところになりますが、なんだか月村さんの周りにもうひとり、元アイドルのツアーガイドの女性というのがなんだか思わせぶりに絡んできていて……大変気になるところです。
彼女のわりと積極的なアプローチに対して月村さんもソフトでつかずはなれずの対応というか、夕湖さんという彼女がいるわりには毅然とはとてもいえない余地を残した対応(に私には見える)で、今後三角関係?に発展しそうな匂いがぷんぷんいたします。
夕湖さん、ピンチ……!
スポンサーサイト

ダチョウは軽車両に該当します

ダチョウは軽車両に該当します (文春文庫)

文春文庫「ダチョウは軽車両に該当します」(似鳥鶏氏著)のカバーイラストと章カットを描きました。

動物園ミステリ・待望の第2弾!

ダチョウと焼死体がつながる?――楓ヶ丘動物園の飼育員「桃くん」とツンデレ女王の「鴇先生」、怪しい仲間たちが解決に乗り出す。

県民マラソン大会のコースを駆け抜けてくるのは「ダチョウだって?」――そして発見された焼死体。捕獲したダチョウと被害者とをつなぐものとは? キリン飼育員・桃くんにツンデレ女王・鴇先生、変態(?!)・服部くん、アイドル飼育員・七森さんら、楓ヶ丘動物園の怪しく愉快な面々が活躍する動物園ミステリー第2弾!


文藝春秋のサイトより引用しました。

カバーイラストには、勇ましいクールビューティーな鴇先生と、主人公桃くん、そして私お気に入りの『変態』服部くんを変態っぽく帯の下に隠れるように(というかそこしか彼の居場所がなくなってしまったんですが)描いてみました。
章カットは今回は章タイトルにちなんで全部鳥類の絵を描いてます。
動物描くの、昔はあまり機会が無く、わりと苦手意識が強かったのですが、徐々に楽しくなってきました。

今回は前回にも増して鴇先生のカッコよさと服部くんの変態っぷりが際立ちます。
そして服部くんの飼犬のディオゲネスの名犬(迷犬?)っぷりもとっても素敵で、わたしごころをわしづかみされました。
今回も起こってしまう事件はかなりシリアスなものなのですが、桃くんや服部くんや七森さんらがかかわってくるとなんとも空気がやわらかに……(笑)
緩急のついた事件の展開に目が離せなくなります。

こちらのシリーズ、人が死なない系の短編ミステリとかも読んでみたいなあ~、ていうかこのシリーズもっともっと読みたいなあ~、ていうか、
きっと服部くんがつけているであろう「桃くんの観察日記」とか
読んでみたいなあ~!と妄想してしまうくらい、この人たちが大好きです。
叶うといいな~

消防女子!! 女性消防士・高柳蘭の誕生

消防女子!! 女性消防士・高柳蘭の誕生 (宝島社文庫)

宝島社文庫「消防女子!! 女性消防士・高柳蘭の誕生」(佐藤青南氏著)のカバーイラストに、単行本のカバーイラストを引き続き使っていただきました。

第9回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞受賞作家が描く、消防サスペンスの文庫化!新米女性消防士・高柳蘭は横浜市消防局湊消防署に入局し、多忙な日々を過ごしていた。ある日、蘭の使用している空気呼吸器の空気残量が不足していることに気づく。毎日欠かさず点検しているにもかかわらず連続して起こる不可解な出来事に、蘭は同僚の犯行を訝り疑心暗鬼になってしまう。さらには、辞職を迫る脅迫状まで届き……。一方、世間では世界一周クルーズ中の中国豪華客船が横浜港に寄港した。しかし海上で事件が起こり、蘭たちに出動要請がかかる!


宝島社サイトより引用しました。

単行本のときにブログでご紹介してなかったようなので(汗)、ここでご紹介。

舞台が私の地元である横浜で、しかも主人公親子が住んでいるところがとっても近所!
登場してくる舞台のそこここに土地勘があって、読んでいてとってもニンマリしてしまいました。
横浜になじみのある方にはぜひぜひ読んでいただきたいなあ、と思いました。

女性の消防士なんて、現場が現場だけに活躍できるのかなあ、なんて思っていましたが、女性ならではの活躍シーンがしっかりあり、とても感心してしまいました。
そして職場で孤軍奮闘と思われた主人公蘭ですが、少しずつ周りの信頼を得て、また周りで見守ってくれていた人たちの気持ちに気付くことができて、チームとしてまとまってゆく展開がとても心地よかったです。

横浜市の消防車や消防士さんの姿を描くにあたり、ネットなどで資料も集めましたが、近くの消防署に出かけていって、ジイ~ッと観察したりもしていました。
(傍からみたらとっても不審な人物だったと思います……。)
でも消防士の方々のお仕事について、今回いろいろ知ることが出来て、なんとなく消防署が身近になった気もいたしました。

アサギをよぶ声

アサギをよぶ声

偕成社「アサギをよぶ声」(森川成美氏著)に絵を描きました。
装画と、あと本文にカラー別丁扉を含め大小14点の挿絵を描いています。

女性でありながら戦士になりたい少女アサギ。彼女の父も勇敢な戦士だった。素直な語り口で一人の少女の成長を描く長編ファンタジー。


偕成社のサイトより引用しました。

縄文時代を描くのは初めてで、いろいろ調べてはみましたが、わからないことも多くて……。
一生懸命想像して描きました。
主人公は「アサギ」という名前で、しかもタイトルでもあるので、今になって思うと、もしかしたらあさぎ色を使うべきだったのかもしれませんが、なんか、私の中の縄文のイメージが朝焼けの早朝だったのと、アサギの強さを出したかったので、こんな赤々とした絵になりました。

アサギは弓矢の特訓をすることによって戦士になろうと試みていて、物語を通して弓矢が大変重要アイテムなのですが、私は弓矢についての知識も乏しく、著者の森川先生からも助言をいただきながら描かせていただきました。
以前より弓道に大変憧れを持っていたので、弓を引く姿を描くことができるのがとっても嬉しかったのですが、反面まったく未経験なのも手伝って、自分の中の弓矢に対するイメージがいかにあやふやかが今回よくわかりました。
どこかで弓矢体験したいなあ~。

自分の道を拓こうとストイックに努力や工夫を重ねてゆくアサギが大変魅力的です。
そしてそれを影で支える戦士ハヤも、ものすごく素敵な大人です。
そして、ハヤに「もののみかた」を学び、論理的にものを考えるようになってゆくアサギに、大変目が覚めるような思いをしました。
努力を尽くして最高の結果を出してもなお、理不尽な理由から認められず道が切り開かれなかったとき、その現状をどう受け入れてどう進んでいったらよいのか。
どんな人でもこんな状況に置かれたら生きる希望をなくしてしまいそう、徹底的に心が折れてしまいそう、と思うのですが、アサギはハヤの教えから、
「自分の力で変わることが出来た自分を信じることができる」
と、自分自身に希望を見出すことで、状況を受け入れ、前向きに生きていこうとします。
なんて素晴らしいんだろう……。

自分を信じることが出来るというのは、やはりそれ相応の努力をすることが出来た自分という事実があるからなのであって、自分に厳しく努力を惜しまないということは、結果を追求するということだけではなく、なによりそれを成しえた自分自身を信じる力になるのだなあということに甚く感心したのでした。

物語のあちこちに、この縄文のむらが抱えている状況や社会的矛盾の情報がちりばめられていて、今後の波乱を予感させます。
そしてアサギのこれからも、アサギの技量、ものの考え方からして、このままではおさまらないであろうということをひしひしと感じられます。
続編が待ち遠しいです……!

神津恭介、犯罪の蔭に女あり:神津恭介傑作セレクション2

神津恭介、犯罪の蔭に女あり: 神津恭介傑作セレクション2 (光文社文庫)

光文社文庫「神津恭介、犯罪の蔭に女あり: 神津恭介傑作セレクション2」(高木彬光氏著)のカバーイラストを描きました。
↓「神津恭介、密室に挑む」に続くセレクション第2弾です。

神津恭介、密室に挑む: 神津恭介傑作セレクション1 (光文社文庫)

今回も、1巻に引き続き「ザ・名探偵」ふうみが出るように、
「探偵といえばやっぱりトレンチコートでしょう!」
ということで描いてみました。
ちょっと事件の猟奇的な雰囲気も出るといいなあと思いつつ。

1巻めも女性がからんでくる事件が多かったのですが、今回は副題の通り、全編に妖しくも美しい女性たちが登場してきます。
神津さん、女性に対して結構厳しい目を向けていることが多くて、
ひょっとして神津さんは女嫌い……??
と思ってしまうほどでした。
(気になって調べてみましたけど、結婚もしているし、特にそういうことは無いらしいです)

1巻に引き続き、神津さんファンのかたはもちろん、ご存じなかった方にもぜひぜひ!手にとっていただきたいです。

小説新潮 2013年 06月号

小説新潮 2013年 06月号 [雑誌]kasa.gif

新潮社「小説新潮 2013年6月号」掲載の白河三兎氏の短編小説「手の中の空白」の挿絵を一枚描きました。
2月号掲載の「手の中の空白」で登場したタージこと田嶋さんが再び登場しています。
タージ大好き!なので、再会できてとても嬉しいです。

今回も日常のなかの小さなミステリーを、変人だけどなんか憎めない、なおかつ大変な観察眼で頭脳冴えわたる、一本筋の通った女(と私は思っている)タージが鮮やかにさりげなく解決してみせています。
今回もタージは友達がいなくてひどい扱いをうけているけど、とってもかっこよかった!
そしてタージのことをわかってくれる人が少しずつ増えていっているのが、タージ応援団としては大変嬉しいです。

またぜひともタージの物語を拝読いたしたいです。

サンゴレンジャー

サンゴレンジャー (朝日文庫)

朝日文庫「サンゴレンジャー」(さかいたまき氏著)のカバーイラストを描きました。

舞台は沖縄県石垣島。サンゴ礁を破壊する大規模な橋の建設計画をめぐる対立の渦中に、環境省の熱血自然保護官、矢島が着任する。美しいサンゴを守るべく、仲間とともに問題解決に立ち向かうが、やがて島中を巻き込む大騒動となることに…… “レンジャー”たちが熱く奔走する、痛快青春エンターテインメント!
青柳翔、田中圭、佐々木希出演でついに映画化! 2013年6月、全国ロードショー。


朝日新聞出版のサイトより引用しました。

空の色、海の色は描くたびに毎回とても悩む部分なのですが、珊瑚礁を描くのは初めてで、悩みもひとしおでした。
石垣島の光に近いものが再現できているかどうか……。

サンゴを守ろうと奮闘する矢島のうっとうしいほどの熱さが意外と心地よい(笑)、読後も心地よい物語です。
私は実は石垣島はもちろん沖縄にすらまだ行ったことがないのですが、絵を描くためにいろいろ調べていくうちに、大変魅力を感じて、死ぬ前に一度は訪れたいと強く思いました。
美しい自然を守りたいという反面、そこに住む人たちの生活というものもあるわけで、この物語の舞台の石垣島に限らず、開発か自然保護かといった議論は人間が自然のなかで生きていく限り必ず避けて通れないものだろうなと思います。
そして、絶対的な正解も出ない問題だろうなと思います。
自分だったらどんな信念を元にどんな道を選択して、それに向かってどう進んでゆくか。
そんなことを考えさせらました。

宝探しトラジェディー

宝探しトラジェディー

幻冬舎「宝探しトラジェディー」(木下半太氏著)のカバーイラストを描きました。

人生はいつだって、「宝」を探す冒険だ。11歳の江夏七海の人生最初の冒険は、人生最悪の初恋から始まった。木下半太の傑作。

誰にでも、「大人になった夏休み」がある。江夏七海にとって、十一歳の夏休みが“それ"だった――。

冒険家の父・十蔵が受けた宝探しの仕事に、いやいや付き合ったのがすべての始まりだ。
金持ちの老人から「探してほしい」と言われた“宝"とは、家出中の美少女。七海は少女の写真に一目惚れするが、腹違いの姉と聞いて大失恋する。
そこからは、不運の連続! 信じていた人の裏切り、見えない敵からの攻撃、誘拐事件……。「宝探し」の使命は全うできるのか? 結局、探すべき本当に大切なものは、何だったのか?
せっかくの人生、ハラハラドキドキしないと意味がない! 常識はずれで人に迷惑ばかりかける大嫌いな父の背中を見て、少年はちょっと大人になった――。

冒険の入り口は、いつでも、すぐ隣にある!
木下半太の才能が迸る、希望に満ちたドキドキ青春サスペンス。


こちらの装画、私のサイトで絵をご覧になった方の中には、なんか見たことがあるなあと思われた方もいたでしょうか。
実は2007年にサイトに掲載したイラストをそのまま装画として使っていただきました。
こちらの絵のタイトルは「自由研究」というのですが、夏休みに少年たちが何かを計画したり企んだりしている感じがこの作品に呼応するだろうということでした。

なので、あくまでイメージ的なイラストで、登場人物たちにピタリと即した絵ではないとは思うのですが、物語世界の空気感をお伝えできたらよいなと思います。

物語はとてもドキドキハラハラする展開なのですが、登場人物たちが大変軽妙で、楽しく読み進めることができます。
少年目線で夏休みのひとときを(しかしこんな夏休み、まずないだろうなあ)すごす事ができる物語だと思います。
現在少年少女である人、またかつて少年少女であった方々に、ぜひ読んでいただきたいです。

yomyom vol.28 2013年春号

yom yom (ヨムヨム) 2013年 06月号 [雑誌]shio03.jpg

5月1日に発売されました新潮社『yomyom vol.28 2013年春号』に絵を描きました。
塩田武士氏の新連載「氷の仮面」に挿絵を一枚描いております。
連載第3回。

初めての彼女、真壁君を思い浮かべてした行為、本当の自分を教えてくれた出逢い――。
二つの性の中で揺れる、翔太郎の下した決断は。


新潮社さんのサイトから引用しました。

いよいよ高校生になった翔太郎。
ますます自分の中の性の違和感が強くなり、自分の生き方を模索するようになります。
そしていまだに小学生のころからの初恋の人に恋を続けている翔太郎。
すごい。
脆くて弱そうな彼(彼女)でしたが、自分自身を偽らない、まっすぐな強さを感じます。

次回は高校卒業後の翔太郎なのだろうけど、いよいよ予想がつかなくなってきました。
3ヵ月後の夏号が待ち遠しすぎます……!

忍剣花百姫伝(七)愛する者たち

(P[こ]5-7)忍剣花百姫伝(七)愛する者たち (ポプラ文庫ピュアフル)kao07_mo.jpg

ポプラ文庫ピュアフル「忍剣花百姫伝(七)愛する者たち」(越水利江子氏著)のカバーイラストを描きました。
シリーズ最終巻です。

花百姫と八忍剣の、すべてをかけた凄絶な戦いが始まる――渾身の時代活劇ファンタジー、感動の完結編!!【解説/あさのあつこ】
渾身のシリーズ、ついに完結!!

精一杯、生きて。その先ににしか道はない。
信念と祈りに裏打ちされた、どこにもないたった一つの終わり方。
わたしたちは、明日に向かって半歩を踏み出すための勇気をもらえるのです。
―――あさのあつこ氏

真の姿をあらわした魔王は地獄の七口を開き、そこから魔物があふれだしてくる。
各地で五鬼四天の忍びが決死の戦いを繰り広げるが、滅びの時が近づいていた。
一方、霧矢は単身時の狭間を抜け、魔王を追った。
彼に導かれるように花百姫たちが行き着いたのは、遠い未来か超古代か、
魔王が支配する異世界。そして凄惨な戦いが待ち受けていた――
渾身の時代活劇ファンタジー、感動の完結編!!


ポプラ社さんのサイトより引用しました。

既刊6巻はこちら。

忍剣花百姫伝(1) (ポプラ文庫ピュアフル)忍剣花百姫伝(二) (ポプラ文庫ピュアフル)忍剣花百姫伝(三) (ポプラ文庫ピュアフル)
忍剣花百姫伝(四)  (ポプラ文庫ピュアフル)忍剣花百姫伝(五) (ポプラ文庫ピュアフル)忍剣花百姫伝(六) (ポプラ文庫ピュアフル)

今はじめて気付きましたが、三巻ずつ並べると、メインカラーが
赤→緑→青
でループしているかのようですね……!

1巻の刊行がちょうど一年前。
隔月の刊行でしたが、あっという間の一年間でした。

7巻の装画、テーマはずばり「愛」!
花百姫の霧矢に対する想い、そして霧矢の花百姫に対する想いを絵にできたらと思いながら描きました。

時空を超えて繰り広げられてきた忍剣たちの戦いに、いよいよ終止符が打たれます。
文庫版の7巻には単行本時の結末にさらにエピソードが付け加えられています。
私は単行本の、余韻の残る終わり方も好きでしたが、文庫本に新たに書き下ろされた結末も、花百姫に対する私たちの思いもやさしく汲み取ってもらえるような心地がしてとても好きです。
単行本で読破された方にも、ぜひ読んでいただきたいです。

それにしても、花百姫伝、キャラクターが魅力的すぎた……!
みんな愛おしい。
越水先生のブログで時々繰り広げられている外伝が大好きだったりします。
パラレルワールドで、もっと平和な世界で彼らがいっしょに旅をしてたりしたら……妄想タマリマセンッ。

7巻通して絵を描かせていただいて、感無量です。
初めてこの作品を読む機会が出来たのは、読売新聞のあさのあつこ氏の本の紹介の記事の挿絵を担当していたときにこちらの本が取り上げられたときでした。
著者の越水先生とはツイッター上でお付き合いさせていただいていたので、そのような形で思いがけず絵を描くことができて凄く嬉しかったのを覚えています。
このときは実は7巻すべては読めずに、2巻と7巻(当時1巻は在庫がなかったのでした)だけ読んで絵を描きました。
まさか、そのあと装画という形で花百姫を描くことになろうとは……!
花百姫を通して、私自身不思議なご縁をたくさん感じることができました。

すべての方々に、ぜひぜひ読んでいただきたい物語です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。