植物

水槽のルーキー

今まで部屋の水槽でめだかを飼っていたのですが、外で飼っているめだかのほうがオレンジ色が濃くて健康そうなので、外に移してあげたのでした。
まさに合流~~。

そうすると、今度は部屋の水槽が空になってしまって、さてどうしようと考えたのですが、金魚などの生き物はお世話が大変だし、具合が悪くなったらハラハラするなあ、と思ったので、いっちょゆる~りと水草でも栽培してみようかと思い立ち、近所の園芸&ペットショップへ出かけたのでした。

そこの魚&水辺の生き物コーナー(?)で、逸材を発見。
直ちに買って帰りました。
これです。

まりもん

直径4センチのかわいいあんちくしょう。
まりもです。
阿寒湖では天然記念物。
阿寒湖でない湖から採ったものとか、海外から輸入したものというのもあるらしいのですが、これはきっと、おばさんが丁寧にてのひらで丸めて作ったやつじゃないでしょうか。
(何の根拠もないが、そんな気がする)
水槽の全体像はこちら。

まりもデラックス

25センチ立方の水槽に鎮座するお姿。
広々~~~。

まりもの飼育(栽培)方法を調べたのですが、綺麗な冷たい水で飼育しろというのがどうもキーポイントのようです。
これだけほかになにもなくて、水も多ければ、さぞかしまりもにとって快適なのではないかと思います。

そうそう、名前は「まりもデラックス」です。

せっかくなので、そのうち、仲間のまりもをスカウトしてこようと思います。
スポンサーサイト

ハツユキカズラがちっとも初雪じゃない

ハツユキカズラ

私が育てているハツユキカズラです。
もう5、6年にはなるんじゃないでしょうか……

本来、ハツユキカズラは、先のほうの新芽は雪を被ったように白~ピンクの斑入りで、その後、緑に変化してゆくのがスタンダードだと思うんですが(少なくとも、育て始めて何年かはそういう葉色でした)、いつの間にやら、ここしばらくずっと、緑一色の状態になってしまっています。

日当たりの問題かなあ……???と思い、2ヶ月前くらいから日当たりのましな場所へ移動させたんですが、今のところは全く変化なし。
調べてみたら、肥料も影響してくるようなので、ちょっと与えてみようかなあ、とも思います。
色が復活したら拍手喝采なのですが……。

ユスラウメ

ユスラウメ

実生のユスラウメです。
冬の間は葉を落としていましたが、今、新芽が出てきて、とってもかわいらしい状態です。
4年位前に同じマンションの方からユスラウメの実をいただいて、それから種を採ってまいたものなのです。
発芽するまでに半年以上かかったんじゃないかと……
今直径8センチくらいの小さな飾り鉢に植わっているのですが(種をまいてから植え替えをしていない)、このまま豆盆栽に仕立てたいなあ……と一昨年くらいから思い続けているものの、芽を摘むくらいのことしかしてなくて、放置状態。
うーん、どうしたものか。
今年こそはちょっと勉強をして、なんとか、世話してやりたいです。
(とこことかに書けば、やる気がちょっとは起きるかなあ~~と)

多肉の花が咲いた

スペルドウムちっちゃくてかわいい野ばらの精

私の育てている多肉に花が咲きました。
ひとつはスペルドウムという品種で、左の二つの写真です。
もうひとつは野ばらの精という品種で、右の写真です。
どれも小さくて、よくみると結構個性的な花です。
かわいい……

多肉植物、いいかげん植え替えてあげたいなあともうものがたくさんなのですが、なかなか実行に移せずにいます。
植え替えシーズンというものが多肉によっていろいろちゃんとあるんですが、私の場合、わりと、やる気になったときがシーズンというか、また、そういう意味では今シーズンでないというか……(ひどい)

春の冬芽ちゃん

ふゆめ

すっかり春でしたが、実家の庭でまたまたふゆめちゃんを発見しました。
ただ、これ、あんまりかわいくは……
これはこれで、愛嬌はあるかもしれません。

あまがえる

あまがえるもいました。
グレーがかった色で、おしゃれな感じでした。

この春のコーヒーオベーション

いつもの

これは3年前に咲いたコーヒーオベーションの花です。
カップ咲きのミニバラで、褐色がかった花の色がなんだか良い感じのバラなのです。
いつもはこんな感じで咲いてくれてます。

この春も一輪花を咲かせてくれました。
植え替えのタイミングを今年も(…)逃して、かわいそうな状態においてしまっているにも拘らず……
が、なんだかいつもと様子が違ったのでした。

コーヒーオベーションいつもと違う!

なにやら、花の中心が複雑なことに……!
これは、もしかしてクオーターロゼット咲き??っていうやつ???
こんな形に咲いたのは初めてです。
何でこんな風になったんだろう……
花にとって、こういうイレギュラーな咲き方って、いいことなんだか悪いことなんだかよく分かりませんが、果たしてどうなんでしょう。
オールドローズとかイングリッシュローズとかの複雑怪奇な花の形に昔からほんのりあこがれていたので、私としてはお手軽なミニバラでそれが叶って、なんだかとっても嬉しいです

豆苗の水栽培

豆苗豆苗(一発変換ができません)

先日(結構前)豆苗を料理して食べました。
豆苗を買って料理した経験がある方はご理解いただけるかなあと思うんですが、私の買った豆苗は、水栽培のスポンジの土台に根付いた状態のままパックされていて、上の部分を切り取って料理に使うのです。
ざっくり刈り取ったあと、パッケージのフィルムをしげしげ見てみると、その残ったスポンジ&根っこの部分をもう一度水栽培するとまた伸びてきてもう一回収穫できるかもよ~~みたいなことがもっと丁寧な文章で書いてあったのです。
これはやらないわけにいかない!と、すでにゴミ箱に放り込んでしまっていた豆苗を救出してさっそく水栽培を開始してみたのです。

キッチンに置いて育ててましたが、私のキッチンは薄暗いために、ややひょろっとした姿に成長いたしました。
明るいほうに向かってひょろ~んとなびくのがけなげでした。
しばらくはこのまま鑑賞してましたけど、せっかくなので、悪くなる前に収穫して食べました。

冬芽ちゃん

あじさいの枝

これは、私の実家の、すっかり荒廃しきった裏庭に殺伐とした佇まいで生えているあじさいの枝です。
完全放置状態とはいえ、夏にはみずみずしい葉をつけて、花なんかも咲いちゃったりしますが、真冬の正月にはさすがに葉を落として、このような枯れた有様なのでした。
冬は寒いので、私はあまり庭など歩かないのですが、庭の物置に使った後のホットプレートを戻しにいかなくてはならず、しぶしぶ表へ出たときに、偶然この枝が目に留まったのでした。
およ?と思ってよ~~く見ると

こんにちは……

ほんとによく見ないと分かりませんけど、黒い芽の下に、ハート型の白い顔に目と口が点々と、ていう感じで、なんか、顔みたいのが見えませんでしょうか??
これがうわさの『ふゆめちゃん』……!
写真で紹介されているのを見たことはありましたが、実際に意識して見たのは初めてでした。
か、かわいい……!

うふふー

私の携帯ではこのくらいまでしか寄れませんでした。
もっとアップでご紹介したかったです。
くやしー


ふゆめ がっしょうだん


私、持ってませんが、これ、ふゆめちゃんの本!
表紙見ると、一言で冬芽といってもすごく個性豊かなのがわかります。
これいいなあー

奇跡のカランコエ

けなげな……

6年くらい前にもらったカランコエ(←どういう植物かご存じない方はこのリンク参照)なのですが、一度も植え替えなどせず肥料などやらずといったスパルタ栽培を続けていたために、現在では鉢の中の土はすっかり砂漠化していてバッサバサ、養分のヨの字もないよってな状況なのでした。
その影響は絶大で、最近では葉っぱもろくに出ない有様……
ウウウ、なんてかわいそう……
ていうか、そうやって眺めてないで何とかしてやれよ!とも思うんですが、なんか忙しかったりそうでも無かったりで、あいかわらず水だけ差し上げてる日々だったのですが、

写真をよくご覧ください。
一輪だけ、お花が咲きました。

なんてけなげなんだろう……
なんてかわいいんだろう!
感動をありがとう!
(というか植え替えを)

クロッカスのその後

クロッカス咲きました

2月の末の話をしますが(…)、
水栽培していたクロッカス、無事に真っ白い花を咲かせたのでした。
今回はかびてしまう事も無く、3つとも花をつけるところまでこぎつけることが出来ました。
咲いていた期間は短かったけど、かわいかったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。