気になる

伏木駅

点灯してない状態

また夏の話で恐縮なんですが、引き続き高岡旅行のときの写真。
高岡からさらに氷見線で行った伏木駅が宿泊地の最寄り駅だったのですが、ホームの「電車が来ました」のお知らせ表示がかわいかったです。

↑こういうのなのですが、電車を待っている間、これがどう点灯するのか気になって、写真を撮って、引き続き携帯を構えて点灯するのを待ってました。

私の予想は、3つある車両の絵の部分が、2両編成とか3両編成とかにあわせてその数点灯するのではないか?というものだったのですが、



電車が来ると…まんなかだけ点滅

実際は、右端左端が点灯、真ん中が点滅という……
ちょっと自信あったのに、予想は見事にはずれでありました。


氷見線ぶりのまなざし

氷見線、乗った電車がいきなり忍者ハットリくんのラッピングでビックリ!
ブリの視線が素敵!
車内放送まで、ハットリくんが「にんにん」とかいいながら観光ガイドまでしてくれて2度ビックリ!
氷見線は、高岡駅から雨晴駅まで乗りましたが、車窓の風景はカッコイイ製紙工場や化学工場を経て風光明媚な雨晴海岸へと、めまぐるしく飽きることがない楽しさでした。
氷見線、いいなあ!
スポンサーサイト

ビルの屋上

プロペラ

みなとみらいのビルの屋上、プロペラが風でくるくるまわってます。
これは何をするものなんでしょうか。
風力発電?風力計?
青い空に白いプロペラが良く映えます。気持ちいいです。

クレーン

こちらはすぐお隣、建設中のビル、クレーンが乗っかってます。
みなとみらいに行くと、上に下に、見るものがいっぱいでいつも忙しいです。

カオス

ダイニング

これは私の住まいのダイニングです。
寄せ集めの家具ばかりですが、みんなお気に入りです。
私はわりとシンプルなインテリアが好きです。
でも、生活感がまったくないのよりは、適度に生活感がある、なんというか、隙がある、そこに住まう人の気配を感じるような、作意のない室内が好きなのです。

私の部屋の中で、最も作意のない、人の温かみのあるほっこりエリアが、デスクまわりです。

隙がある気配を感じる人の温かみのあるほっこりエリア……

…………こういう状態です。
家にいるときはだいたいこれに面と向かっています。
この机は元『社長の机』だったものを譲り受けた由緒正しい(?)もので(うちはもらい物が多い)、幅1600ミリ、奥行き800ミリ、モニターを二つ置くのにも、特別小さいわけではないと思うのです。
が、なんか狭い
どこに何があるかはだいたい把握できてますし、作業するには充分なスペースを確保できる(物をどかせば)とは思うのですが、下の書類を引き出すときにCDケースが下に落ちて割れたり、コードに引っ掛けてお茶をこぼして紙をぶよぶよにしたり、処理を忘れていた大切な書類が下の地層からひょっこり発掘されてアアーッ!!と絶叫してみたりと、単調な日常生活に適度な刺激を与えられ……ていうか、視点を変えてみれば、若干機能的に問題を生じていると言えなくもないふうみです。
ほんのちょっと、片付けてもいいのかもです。

ラ・マシン

来る!赤レンガ倉庫を出発二匹目

今日くらい、すばやく更新を!(笑)

横浜で開催される『開港博Y150』のプレイベントで、17日から横浜でパフォーマンスを開始していた『ラ・マシン(La MACHINE)』(YouTubeでいろいろ見られます)、ほんとは17日から見に行きたかったんですが叶わず、しかし横浜在住でありながらこれを見ずにどうする?!と、超人混みの中、今日見てきました。

14時から始まっているということでしたが、他に寄ったりしていたために私が赤レンガ倉庫に到着したのは15時半頃。
赤レンガに着くまでにだいぶエネルギーを使い果たしていて、すっかり無言……休業状態になっておりました。
人混みの視線の先を見ると、今まさに2匹の巨大蜘蛛が赤レンガ方面から日本大通方面へと出発するところではないですか!!
一気によみがえる私!!
蜘蛛、ほんとに大きい!!大きい!!
蜘蛛、時々口やお尻から糸(霧状になった水?)を吐き出すのですが、それがまた迫力!
観客からも歓声が上がります。
水しぶき、思いっきりかかりました。虹も見えた!

川を渡ってきた蜘蛛の血管といえなくもない神奈川県庁!

蜘蛛たちの出発を見送ったあと、あわてて迂回、橋を渡って先回り、セカンドコンタクトを図りました。
神奈川県庁の角、蜘蛛たちはこの交差点を左折してゆきます。
交差点すぐのところに立っていたために、それはもう、大接近!!
蜘蛛は交差点の信号などをすれすれのところで足でまたぎながら進んでゆきます。
蜘蛛の下のメカニカルな部分に興奮!
蜘蛛を操るフランス人?の方々(日本人っぽい方もいらっしゃいました)にも興奮!
蜘蛛の頭の上に3人、体の下のほう、頭の下に1人、それぞれ足を一本ずつ担当していると思われる人が左右に4人ずつ……
二匹のあとからは、楽隊の方々が重機のアームの先のやぐらの上で生演奏(!!)しながらパレード。(状況わかりづらい説明でスミマセン、うまくいえない)
バイオリン、チェロ、コントラバス、ハープ(!)、トロンボーン、ドラム、などなど……

新緑の中をやってくる日本新聞博物館前二匹が向かい合う

またまた迂回、先回りして、日本大通りへ。
ここは新緑の中を蜘蛛が歩いてくるので、今までになくなんだかさわやか~な眺め(笑)。
私が待っていた交差点では、先行していた蜘蛛が後ろを振り返り、後ろの蜘蛛とアームでやりとりするパフォーマンスが見られて、ギャラリー大興奮!
拍手が巻き起こりました。なんかちょっと感動。だいぶ感動。
この時点で16時半頃。
蜘蛛たちと楽団は日本大通りをさらに進んでいきましたが、私はここで体力の限界につきリタイア(涙)
後ろ髪を引かれながらも泣く泣く帰路につきました……
あのあとどうなったのかなあ……
ご覧になった方、おしえてください。

この目で見ることが出来て、ほんとによかったです
小さい子は、ほんとに怖がって大声で叫んで泣いていて、それがすごくうらやましかったです。
ここに書ききれないほど、いろいろ見たし、感じたし、考えましたが何しろ文才が無い!
ああなんだか夢にみそう

日暮里駅の修悦体

谷中からきました現在地ほんとにテープだ

10月の話になってしまいますが、谷中へ行った帰りに日暮里駅へ行きました。
有名な『修悦体』をこの目でじっくりと見たいー見たいーと思い続けていたのですが、なかなか日暮里まで来る機会がなく……(腰が重いんです)
随分時間がかかりましたが、やっと念願かなったわけです。

昔、新宿駅で活躍されていた頃の案内を確かにちらっと見たことがあったとは思うのですが、いつも目的地へ急いでいることが多かったので、なんとなく意識に「ン?」と引っかかることはあっても、あれがテープで作られていて、しかも一人の方がすべて作っておられるなんて、自ら気づくことがなかったのでした。
アア、もったいない!

しかし、この時もやはり時間に追われていたので(涙)あわただしい鑑賞になってしまいましたが、実物をしっかり見ることができて嬉しかったです。
カッコイイ。

東の樽、西の樽

日本酒!ワイン!

先日、原宿から明治神宮を経由して代々木まで歩いたとき、明治神宮の参道で見た、たくさんの酒樽たちです。
参堂の両脇、壁のように、右手には日本酒、左手にはワイン……
神社に奉納されたものだと思うんですが(説明書きをまじめに読んできませんでした)、お酒好きにはたまらない眺めなのではないでしょうか。
地震とかが起きて樽が落ちてきたら、うっかり浴びるように飲めてしまうかもしれません(その前に樽に押しつぶされないかしんぱいですが)

緑

明治神宮から代々木公園のあたりは、私が絵を描かせていただいた『幻狼神異記』の舞台のひとつになったところです。
今まで代々木公園には行ったことがありましたが明治神宮には訪れたことがなかったので、今回寄り道をして歩いてみたのです。(ほんとは絵を描く前に訪れたかったんですが、時間が無かった……)

『幻狼神異記』に描写があったとおりに雑然とした街から隔絶されたかのような独特の空気、広い砂利道、そしてなんかやたら大勢の外国人観光客に、「オオオ…!」な感じでした。

早朝に出会った猫

そんな目で見ないで

引き続き、夏の早朝散歩中に出会った猫。
警戒心まるだし……
私は猫が大好きなのに、たいていの猫は私に対してこんな感じなのが切ない

哀愁のライド

哀愁のパンダ哀愁のコアラ朝の空

夏の間、時々でしたけど早朝にウォーキング……というか、散歩?をしたことがありました。
30分で行って帰ってこられるようなちょこっとしたものだったんですが、そんなちょこっとした範囲でもまったく歩いたことがなかったところってたくさんあるものだなあ、と思いました。

このパンダとコアラは、そんな散歩の最中に発見したお宝です。
道沿いのマンションに付属した小さな公園に設営されていたものです。
この使い込まれた感がステキなんです。

交差点で夏祭り

提灯

またもや8月に撮った写真ですが・・・
たまたま通りかかった脇道の奥、交差点を中心に盆踊り(?)開催中。
私が立っているのは車がガンガン通る片側2車線の幹線道路沿いの歩道なんですが、一本入ったこんなところでこんな世界が展開しているとは……と、凄く不思議なここちがいたしました。

近所のパワーショベル

後姿

近所の現場で活躍していた小型のパワーショベルです。
これは8月に撮った写真……
現場が目線より高いところにあるので、背景が空!
空の青に黄色の車体がきれいに映えていい感じだったのでした。

月夜のショベルカー

満月をバックにした夜空バージョンも撮ってみたんですが(これも8月)、携帯では限界が~~
あのかっこよさをお伝えできないのがくやしい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。